IZ*ONEの活動終了後…ソロ歌手からグループまで、日韓で活躍する12人の今は

Kstyle |

写真=OFF THE RECORD、SWINGエンターテインメント

2018年に韓国で放送されたMnetのサバイバルオーディション番組「PRODUCE48」から誕生したIZ*ONE。2018年10月29日に1stミニアルバム「COLOR*IZ」でデビューし、韓国だけでなく日本でも大人気を博し、惜しまれながらも2021年4月をもって活動を終了しました。

12人のメンバーたちは現在、ソロアーティストやグループなど、さまざまな分野で多様な活動をしています。今回はそれぞれの道で活躍しているメンバーたちのその後の活動をまとめてみました。

 

◆チャン・ウォニョン&アン・ユジン

写真=チャン・ウォニョン、アン・ユジン Instagram
「PRODUCE48」で1位を獲得し、IZ*ONEのメンバーとして絶大な人気を誇ったチャン・ウォニョン。活動終了後もinnisfreeのモデル、「ミュージックバンク」や「2021 Asia Artist Awards」のMC、韓国版「Harper's Bazzar」で史上最年少のカバーモデルに抜擢されるなど、活躍し続けてきました。そんな彼女は昨年11月、STARSHIPエンターテインメントの新人ガールズグループIVEのメンバーとして公開され、アン・ユジンと同じグループで活動することが分かり、ファンの注目を集めました。モデルをやってみようかと真剣に悩んだことがあるという彼女は、173㎝の長身で抜群のスタイルを誇り、ファッション・ビューティー業界からもラブコールを受けています。

アン・ユジンはIZ*ONEの活動終了後、同じSTARSHIPエンターテインメント所属のチャン・ウォニョンと、同じグループでデビューするのではないかと早くから話題となっていました。そして昨年11月、新人ガールズグループIVEの1人目のメンバーとして公開され、リーダーに就任したことが発表されました。チャン・ウォニョンのほか日本出身のレイ、ガウル、リズ、イソまで、実力と美貌を兼ね備えたグループとして、同年12月1日にデビューしました。1stシングル「ELEVEN」は、音楽番組で13冠を達成して大ヒット。そして先月リリースした2ndシングル「LOVE DIVE」は、初動売上(アルバム発売から1週間の売上)が33万枚を突破し、デビューシングル「ELEVEN」より2倍以上を記録。目覚ましい成果を見せており、IVEが第4世代を代表するガールズグループとして今後どんな飛躍を見せるのか、K-POPファンから注目が集まっています。
 

◆宮脇咲良&キム・チェウォン

写真=LE SSERAFIM Facebook、Twitter
宮脇咲良は、IZ*ONEの活動が終わる約1ヶ月前から、Big Hitエンターテインメントと契約するのではないかと報じられ、早くから注目を集めていました。活動が終了した2021年04月29日、彼女は矢吹奈子、本田仁美と共に日本に帰国。5月にはHKT48卒業を発表し、6月に卒業コンサートを開催、卒業ソング「思い出にするにはまだ早すぎる」を公開しました。そして8月、再び韓国を訪れた姿が空港でキャッチされ、正式発表前でしたが、HYBE傘下のガールズグループでデビューするものとして期待を高めました。その後、LE SSERAFIMとしてデビューすることが決定、さらに日本での個人活動も行っていくことも発表され、話題を集めました。

キム・チェウォンはグループ活動終了後、5月にWoollimエンターテインメントのYouTubeチャンネルで赤頬思春期「最初からあなたと私」のカバー動画を公開しました。7月にグラビアが公開された後は特別な活動がなく、8月にSOURCE MUSICへの移籍説が浮上し、今後の動向に注目が集まっていました。そしてついに今年の3月、宮脇咲良と共にSOURCE MUSICと専属契約を締結したことが正式に発表され、K-POPファンから大きな注目を集めました。キム・チェウォンはLE SSERAFIMのリーダーに就任。彼女は黒髪ボブでクールな魅力を放っており、IZ*ONE当時とはまた異なる雰囲気で注目を集めています。

LE SSERAFIMはキム・チェウォン、宮脇咲良、「PRODUCE48」に出演したホ・ユンジンのほか、カズハ、キム・ガラム、ホン・ウンチェの6人組で構成。デビュー曲「FEARLESS」は初日売上枚数が17万枚と、歴代K-POPガールズグループのデビュー作としては最高の記録を打ち立てました。
 

◆矢吹奈子

写真=矢吹奈子 Instagram
メンバーたちに可愛がられる魅力的なキャラクターと、高音も難なく出してしまう優れた実力で人気を集めた矢吹奈子は、日本に帰国した後HKT48に復帰。同年6月に自身の20歳の誕生日を祝う「生誕祭」をHKT48劇場で開催。10月には神尾楓珠主演のフジテレビ系ドラマ「顔だけ先生」に出演。チアリーダー部の人気者三条愛佳を演じました。そして12月1日に発売されたHKT48のアルバム「アウトスタンディング」のリード曲「突然 Do love me!」でセンターに。矢吹奈子ならではのラブリーな魅力満載のパフォーマンスを披露しました。

バラエティ番組にも多数出演しており、日本テレビ系「今夜くらべてみました」に出演した際には、IZ*ONE時代のファンからのスケールの大きすぎるプレゼントを紹介しています。さらに今月1日に開催されたHKT48のコンサートツアー「Under the Spotlight」で、6月22日に15枚目となるシングルを発売すると発表。矢吹奈子にとっては復帰後初のシングルリリースとなり、今後も活発な活動を展開していくものと期待されています。
 

◆本田仁美

写真=本田仁美 Instagram
ストイックに体の管理を行い、IZ*ONEとして活動しながらどんどんキレイになっていった本田仁美。活動終了後はAKB48に復帰し、多方面で活動を展開しています。グループとしては「第63回 輝く!日本レコード大賞」で優秀作品賞を受賞し、細かくも激しいダンスが印象的な「根も葉もRumor」で選抜メンバーに。

また、5月18日に発売されるAKB48の59thシングル「元カレです」で、初めてセンターに抜擢。すでに公開されているMVでは、しなやかでありながらもパワフルなダンスを披露しています。またファッション誌の表紙を飾ったり、コスメを監修をするなど、ソロ活動が活発。多数のバラエティ番組にも出演しており、日本テレビ「1周回って知らない話」ではIZ*ONE時代の運動、食生活などを明かしました。最近では、「ものまねグランプリ」で森高千里の「私がオバさんになっても」のステージを披露し、大きな注目を集めています。
 

◆クォン・ウンビ

写真=クォン・ウンビ Instagram
IZ*ONEのリーダーとしてグループを引っ張ったクォン・ウンビは、活動終了後、まず最初にWoollimエンターテインメントのYouTubeチャンネルでIU「Eight」のカバー動画を公開してファンを喜ばせました。その後、バラエティ「Follow 美 - 好みに真心」のMCに就任、本格的な活動を予告。

2021年8月24日、1stミニアルバム「OPEN」をリリースしてソロデビューし、12月には初のオンラインファンミーティングを開催しました。そして先月、2ndミニアルバム「Color」を発表、現在はミュージカル「タイヨウのうた」に出演中です。彼女は昨年、同じ事務所のRocket Punchがリリースした日本デビューミニアルバム「Bubble Up!」の収録曲「Let's Dance」の作曲に参加。自身のアルバムの楽曲制作にも参加している彼女が、歌手としてだけでなく、音楽制作の才能も披露していくものと期待されています。
 

◆チェ・イェナ

写真=チェ・イェナ Twitter
チェ・イェナはIZ*ONEの活動終了後、「覆面歌王」「アイドル書き取り大会」「血のゲーム」「女子高推理部2」など多数のバラエティ番組に出演、そしてウェブバラエティ「イェナは動物探偵」では、初めて単独でMCも務めました。さらに、シーズン1でOH MY GIRLのアリンが主演を務めて大ヒットしたウェブドラマ「少女の世界」のシーズン2で、演技初挑戦にもかかわらず主演に抜擢。18歳の少女ナリの恋愛模様を見事に描きました。

今年の1月17日には1stミニアルバム「SMiLEY(ˣ‿ˣ)」でファン待望のソロデビュー。タイトル曲「SMiLEY」は、聴くだけで元気をもらえるようなイェナにぴったりの明るいナンバーで人気を博し、「M COUNTDOWN」ではデビュー後初の1位も獲得。最近では「2022ブランド顧客ロイヤリティ大賞」で「女性ソロ歌手(新人)」と「バラエティドル(バラエティ+アイドル、女性)」部門で受賞し、益々の活躍に期待されています。
 

◆チョ・ユリ

写真=チョ・ユリ Instagram
IZ*ONEのメインボーカルとして活躍したチョ・ユリは、2021年6月に早くもドラマ「恋するイエカツ」のOST(劇中歌)に参加、ソロ活動を開始しました。そして8月、公式YouTube、SNSを開設、プロフィール写真が公開された中、9月にはSG WANNABEのイ・ソクフンとコラボ曲「秋の箱」をリリース。ベテラン歌手と見事なハーモニーを奏でて話題となりました。

そして10月、1stシングル「GLASSY」を発売してついにソロデビュー。同名のタイトル曲はキャッチーで彼女の清々しい歌声が印象的で、多くのリスナーを魅了しました。最近では、今年の夏に韓国で公開予定となっているPLAYLISTの新ドラマ「ミミックス」に出演が決定。B.A.P出身のヨンジェ、キム・ユヌ、woo!ah! ナナらと共演し、ガールズグループのセンター役に挑戦します。初めてのドラマ出演でどのような姿を見せてくれるのか、そしてソロ歌手としても今後どんなステージを届けてくれるのか楽しみです。
 

◆カン・ヘウォン

写真=カン・ヘウォン Instagram
IZ*ONEの活動終了後、マルチな活動を展開しているカン・へウォン。2021年6月にフォトブックの発売が決定。個人YouTubeチャンネルも公開され、メイクやファッション、撮影のビハインド、Vlog(ブイログ:Video+Blog)など、さまざまなコンテンツを公開して人気を博しています。

同年12月にはスペシャルアルバム「W」をリリース、ソロ歌手としても注目を集めただけでなく、パク・ジェジョンの「趣味」、VIXXのラビの「WINNER」のMVにも出演しています。そして今年の1月より公開されたウェブドラマ「不良に惚れた時」では、演技に初挑戦。Mnet「私たち、家族になりました」では、AB6IXのイ・デフィと仮想夫婦になって視聴者の胸をときめかせました。このように多岐にわたる活動でファンを喜ばせている彼女が、今後はどんなことに挑戦していくのか注目されます。
 

◆キム・ミンジュ

写真=キム・ミンジュ Instagram
キム・ミンジュは、その抜群のプロポーションと美貌から、ファッション業界からラブコールを受け、多数のグラビアでモデルのような姿を見せています。彼女は2021年9月、HYBEレーベルに移籍し、宮脇咲良、キム・チェウォンと共にガールズグループとしてデビューを準備しているのではないかと報道され、大きな注目を集めました。しかし10月、所属事務所のUrban works Entは「HYBEのガールズグループの提案を受けた事は事実だが、女優活動への意志が強く、本格的に演技を始める予定だ」と明かし、報道を否定しました。

その後、自らデザインに参加したフォトブックを発売し、ビューティ番組「Get it beauty」と「音楽中心」のMCとしても活躍してきました。さらに「2021 MBC歌謡大祭典」では、IVEのチャン・ウォニョン&アン・ユジン、ITZYのイェジ、(G)I-DLEのミヨンと「初恋ズ」を結成。f(x)の「Rum Pum Pum Pum」のカバーステージを披露して、大反響を得ました。今後は女優としての活動にも期待されています。
 

◆イ・チェヨン

写真=イ・チェヨン Instagram
IZ*ONEの楽曲の中でもソロのダンスパートがあるほど、オーディション番組出演当時からその実力に定評があったイ・チェヨン。2021年にWMエンターテインメントのYouTubeチャンネルでジャスティン・ビーバーの「Peaches」に合わせてダンスを踊る動画が公開され、絶賛の声が殺到しました。

その後すぐに、韓国で大ブレイクしたMnetの女性ダンサーたちによるサバイバル番組「STREET WOMAN FIGHTER」に、「WANT」のメンバーとして出演。これにより彼女は、「K-POPスター3」「SIXTEEN」「PRODUCE48」に続いて、なんと4度目のサバイバル番組挑戦となり、注目を集めました。これまでビューティー番組「Get it beauty K-BOX」のMCやウェブバラエティなどに出演はしていますが、IZ*ONE活動終了後、歌手としての活動はまだないため、「チェヨンの歌って踊る姿を見たい」という声が高まっています。

記者 : Kstyle編集部