「殺人者の買い物リスト」イ・グァンス&AOA ソリョン、パク・チビンを尾行…ある行動を目撃【ネタバレあり】

TVREPORT |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=tvN「殺人者の買い物リスト」放送画面キャプチャー
偽札犯のチャン・ウォニョンが殺人の容疑を否定した中、イ・グァンスとAOA ソリョンがパク・チビンを尾行した。

韓国で4日に放送されたtvN「殺人者の買い物リスト」では、魚担当(パク・チビン)の女装の趣味を知って驚愕するデソン(イ・グァンス)とアヒ(ソリョン)の姿が描かれた。

同日、デソンとアヒがヌンチャクおじいさんが偽札犯“5千ウォン”(チャン・ウォニョン)であることを明かした中、ミョンスク(チン・ヒギョン)は「私が店をやったせいで、子供の人生がめちゃくちゃになった」と涙を流した。

それもそのはず、数十年も続いた“5千ウォン”の復讐宣言で、デソンは苦しんでいた。ミョンスクはそれを見守りながら切なく思っていた。

そんな中でも“5千ウォン”はデソンが2回も殺人事件を最も先に発見したことを理由に彼が犯人だと主張した。怒ったミョンスクは「誰に濡れ衣を着せる?この人が偽札犯です。殺人もこの人がやったに違いない!」と胸ぐらをつかんだ。

逮捕された“5千ウォン”は、被害者の家の前にMSマートの袋を置いたことを認めながらもそれは殺人ではなく店のイメージを悪くしようとしただけだと否定した。

結局“5千ウォン”について殺人ではなくストーキングの容疑だけが認められた。アヒからその話を聞いたデソンは「黄桃の缶詰が殺害の道具なのに。全部僕と関連があるのに」と嘆いた。

アヒは「そう。全部あなたと関連がある。殺害の道具から思うと、あなたも疑われるかもしれない。気持ちは分かるけど、私以外の人にこの事件のことは言わないで」とアドバイスした。

しかし、デソンは止まらなかった。窃盗の前科がある魚担当の家に潜んだデソンは、そこで被害者のギョンアの洋服を見つけた。

その時、彼が現れて驚いたデソンはベランダから逃げた。アヒの助けによりまた彼を監視し始めたデソンは彼が女装をする趣味があったことを知って驚愕した。

その後、慎重に彼を尾行するも結局逃してしまった。また作品の後半では新たな事件が発生し、今後の展開への関心が高まった。

記者 : イ・ヘミ