ソ・ジソブ&キム・ユンジン&AFTERSCHOOL ナナ主演映画「自白」ウーディネ極東映画祭の閉幕作に選定

MYDAILY |

写真=ロッテエンターテインメント
ソ・ジソブ、キム・ユンジン、AFTERSCHOOLのナナ、チェ・グァンイルなど韓国映画界を代表するベテラン俳優たちの強烈な初出会いで話題を集めた映画「自白」が、「第24回ウーディネ極東映画祭」の閉幕作として選定された。

映画「自白」の勢いが尋常ではない。世界3大ファンタスティック映画祭でありポルトガルの最高の映画祭である「ポルト国際映画祭」で監督週間部門最高監督賞を受賞したことに続き、「第24回ウーディネ極東映画祭」の閉幕作として選定された。

4月22日から30日までイタリアで開催される「第24回ウーディネ極東映画祭」は、アジアの映画を紹介する映画祭で、「ただ悪より救いたまえ」「KCIA 南山の部長たち」「1987、ある闘いの真実」「犯罪都市」など韓国の有名作品を紹介してきた。

今年も様々な韓国の作品が招待されて話題を集めている中、「自白」が最高脚本賞部門のノミネートをはじめ、閉幕作として選定され注目を集めている。「ウーディネ極東映画祭」の執行委員長であるサブリナ・バラチェッティは「『自白』はどんでん返しを通じて観客の判断を構成しながら、破壊することを繰り返し、観客たちの心を自由自在に動かす作品だ。ソ・ジソブとキム・ユンジンの神経戦は、映画が終わるまで観客たちの感性を刺激し続けるだろう」と閉幕作として選定した理由を明かし、30日に発表される最高脚本賞の受賞結果への期待も高めた。

「自白」は、密室殺人事件の容疑者として指名された将来有望な事業家のユ・ミンホと、彼の無罪を証明しようとする勝率100%の弁護士であるヤン・シネが、隠された事件のパズルを合わせていくことから繰り広げられるストーリーを描く。予告編の公開から、密室殺人事件をめぐる緻密なストーリーと韓国映画界の代表演技派俳優たちの共演で話題を集めた。

デビュー後、初めてスリラージャンルに挑戦したソ・ジソブが、殺人事件の容疑者として指名されたユ・ミンホ役を、名実ともに“スリラークイーン”のキム・ユンジンがユ・ミンホの無罪を証明する弁護士のヤン・シネ役を務め、真実を巡るスリリングな神経戦を繰り広げ、圧倒的なサスペンスを予告した。抜群の演技力で存在感を発散しているナナは事件のキーを持っているキム・セヒ役を、様々なジャンルで優れた演技力を発揮してきたチェ・グァンイルは、事件のまた別の真実を探すハン・ヨンソク役を務め、劇に緊張感を与える。

韓国映画界を代表する演技派俳優の完璧な熱演と緻密なストーリー、最後まで緊張感を与える演出で続々と海外映画祭に招待され、完成度高いサスペンススリラーの誕生を知らせた「自白」は、現在公開を準備している。

記者 : ヤン・ユジン