「ペーパー・ハウス」韓国版からアクション大作「カーター」まで…Netflix、近日公開のラインナップを発表!

Newsen |

Netflixが、これから配信されるシリーズと映画のラインナップを公開した。

まず「ペーパー・ハウス・コリア: 統一通貨を奪え」は朝鮮半島を背景に、天才戦略家とそれぞれ異なる個性や能力を持つ強盗たちが、奇想天外な変数に立ち向かい、史上初の強盗人質事件を起こす過程を描く。全世界で愛されているスペイン発のNetflixシリーズ「ペーパー・ハウス」の背景を韓国に移し、韓国ならではのストーリーで、これまでに見たことのないスケールの犯罪を披露する予定だ。

「グリッチ -青い閃光の記憶-」は、正体不明の光と共に消えてしまった彼氏の行方を追っていたホン・ジヒョが、UFOコミュニティのメンバーたちの協力を受け、ミステリアスな秘密の実体に迫る物語を描く。「人間授業」で、全世界に新鮮な衝撃を与えたチン・ハン作家の新作として話題を集めた。ジャンル変奏の鬼才と呼ばれるノ・ドク監督がメガホンを取り、チョン・ヨビンがヒロインのホン・ジヒョ役に、AFTERSCHOOLのナナがボラ役に扮し、より一層期待を高めている。

「ザ・ファビュラス」は“ファッション(fashion)”と書いて“情熱(passion)”と読む、ファッション業界に人生を捧げた若者たちの夢と恋、友情を描くハイパーリアリズム・ラブコメディだ。チェ・スビンとSHINee ミンホの出演が決まり、韓国で一番ホットな場所で食べて働き、恋をする人たちの華やかで熱い日常が、ときめきと共感を届ける予定だ。

「模範家族」は、破産と離婚の危機に陥った平凡な家長が、偶然ある日大金が入った車を見つけ、麻薬組織のナンバー2と絡み合うことで繰り広げられる物語を描く。崩壊直前の平凡な家族が、麻薬組織の大金を発見することからストーリーが展開される。チョンウ、パク・ヒスン、ユン・ジンソ、パク・ジヨン、そしてキム・ジヌ監督がタッグを組んだ。

「再婚ゲーム」は、上流階層向け結婚相談所の最高レベルである“ブラック”との結婚を夢見て、それぞれの欲望に向かって進む人々の話を描く。キム・ヒソンとイ・ヒョヌク、チョン・ユジン、パク・フン、チャ・ジヨンが、愛より条件を優先する俗物的な現実社会を鋭く描き出す予定だ。

映画「ソウル・バイブス」は、1988年のソウル五輪の開幕式当日、VIPの秘密資金捜査作戦に投入されたソウル上渓洞(サンゲドン)のシュプリームチームの快速・疾走を描いたカーチェイスアクション大作だ。世界が熱狂する五輪を控えて、雰囲気が盛り上がったソウル。その雰囲気を狙って、秘密資金を追おうとする特急作戦に、抜群の運転神経を誇るドライバーたちが投入されることで繰り広げられる、奇想天外で強烈な疾走を描く。ユ・アイン、コ・ギョンピョ、イ・キュヒョン、パク・ジュヒョン、Wanna One出身のオン・ソンウ、キム・ソンギュン、チョン・ウンイン、ムン・ソリなどの豪華キャストで期待が高まっている。

「サムバディ」は、出会い系アプリ“サムバディ”をめぐる殺人事件が起き、開発者のソムと彼女の周りの友達が、謎の人物ユンオと絡み合って繰り広げられるスリラー作品。「ハッピーエンド」「親知らず」「モダンボーイ」「ウンギョ 青い蜜」「4等」「沈黙、愛」「ユ・ヨルの音楽アルバム」など、新鮮でショッキングな題材で、人間の感性と心理を描写することに優れた感覚を持ったチョン・ジウ監督と、俳優キム・ヨングァンの出会いが期待を高める。

5月6日に公開されるシリーズ「アンナラスマナラ -魔法の旋律-」は、夢を失った少女ユン・アイ(チェ・ソンウン)と、夢を強要される少年ナ・イルドゥン(ファン・イニョプ)の前に、ある日突然ミステリアスなマジシャンのリウル(チ・チャンウク)が現れることから繰り広げられる物語を盛り込んだファンタジーミュージックドラマだ。チ・チャンウク、チェ・ソンウン、ファン・イニョプが出演し、“ウェブ漫画界の魔術師”ハ・イルグォン作家の原作をもとに、夢とは何か、大人になることはどのような意味なのか、繊細な感性を伝える。

「配達人 ~終末の救世主~」は、深刻な大気汚染により酸素呼吸器なしでは生きられない2071年、優れた戦闘の実力を備えた伝説の宅配ドライバー“5-8”が、難民たちの唯一の希望である宅配ドライバーになりたがる難民サウォルに出会って繰り広げられるSFドラマだ。急激な砂漠化が進んだ朝鮮半島を背景に、生き残った1%の人類が階級で分けられ、その社会で重要な役割を果たすことになった宅配ドライバーたちのストーリーを描く。チョ・ウィソク監督が演出と脚本を担当し、キム・ウビン、ソン・スンホン、イ・ソム、カン・ユソクの出演が決まった。

映画「20世紀のキミ」は、20世紀の最後である1999年、愛より友情を優先していた17歳の少女ボラが経験する、苦しいけれどときめく初恋、そして21世紀にまた聞こえてきたその恋愛の話をめぐる恋愛模様を描く。誰の人生にも、一度は深く鮮明な痕跡を残す通過儀礼である初恋と、濃い友情の瞬間を描く1999年の俳優たちには、爽やかなイメージと演技力を兼ね備えたキム・ユジョン、ピョン・ウソク、パク・ジョンウ、ノ・ユンソがキャスティングされた。

カンヌが愛する監督たちの作品も待っている。「スリナム」は、南米の国であるスリナムを掌握した韓国人の麻薬王チョン・ヨハンを検挙するため、国家情報院の秘密作戦に協力せざるを得なかった一般人の事業家カン・イングの、命かけた旅程を込めたNetflixシリーズだ。映画「工作 黒金星と呼ばれた男」で「カンヌ国際映画祭」ミッドナイトスクリーニング部門に招待されたユン・ジョンビン監督と俳優ハ・ジョンウ、ファン・ジョンミン、パク・ヘス、チョ・ウジン、ユ・ヨンソク、張震(チャンチェン)など、華麗なキャストで関心が高まっている。

映画「JUNG_E/ジョンイ」は、気候変動によりこれ以上地球で暮らせなくなった人類が作った避難先のシェルターで内戦が起きた22世紀、勝利のカギとなる伝説の用兵ジョンイの脳複製ロボットを成功させようとする人々の話を描くSF映画だ。アニメ「豚の王」「新感染 ファイナル・エクスプレス」「新感染半島 ファイナル・ステージ」などで3回も「カンヌ国際映画祭」にノミネートされたヨン・サンホ監督の新作で、韓国の女優として初めて「ベネチア映画祭」の主演女優賞を受賞したカン・スヨンをはじめ、キム・ヒョンジュ、リュ・ギョンスが出演する。

映画「カーター」は、すべての記憶を失ったまま、謎の作戦に投入されたカーターの、スリリングな追撃を描くアクション大作で、チュウォンがこれまで見たことのない激しいアクションに挑戦する。映画「悪女」で「カンヌ国際映画祭」ミッドナイトスクリーニング部門にノミネートされた“アクションの大家”チョン・ビョンギル監督の新作だ。

2022年に公開が決まった作品の他にも、今年制作が決まった作品として「キル・ボクスン」「君の時間の中へ」「盗賊:剣の音」「マスクガール」「猟犬たち」「脱出おひとり島2」「恋愛大戦」「終末のフール」「クイーンメーカー」「D.P.2」など、様々な作品が世界中の視聴者に会う準備をしている。

記者 : イ・ミンジ