ユン・ゲサン&ソ・ジヘ&キム・ジソクら、新ドラマ「キス・シックス・センス」台本読み合わせ現場を公開

Newsen |

写真=The Walt Disney Company Korea
ユン・ゲサン、ソ・ジヘ、キム・ジソクなど、胸をときめかせる恋愛ドラマの主人公たちが一堂に会した。

Disney+オリジナル「キス・シックス・センス」は21日、台本読み合わせの現場を公開した。

「キス・シックス・センス」(演出:ナム・ギフン、脚本:チョン・ユリ)は、唇に触れるだけで未来が見えるイェスルと、五感が過度に発達した超敏感な男性ミンフのスリリングな恋愛模様を描く作品だ。

台本読み合わせの現場にはナム・ギフン監督、脚本家のチョン・ユリをはじめ、ユン・ゲサン、ソ・ジヘ、キム・ジソク、元AFTERSCHOOLのジュヨン、テ・インホ、キム・ガウン、ファン・ボラなどの俳優が参加した。

まず、ジェウ企画1チームのチーム長で、“広告の神”と呼ばれるチャ・ミンフ役に扮するユン・ゲサンは、冷徹で知的なイメージを活用し、劇中人物と渾然一体の演技を披露し、雰囲気を圧倒した。五感が一般の人より10倍以上発達し、敏感で落ち着いた声で虚をつくきつい言葉を吐き出し、ハイクオリティの成果のためにチームを限界まで追い込むミンフ役に完璧に没頭したのだ。時には部下のイェスルだけに見せる優しい姿でツンデレな魅力も披露した。

“ラブコメディの女神”ソ・ジヘは、しっかりした演技でジェウ企画のエースAEでワーカー・ホリックのホン・イェスルを完成させた。特に、彼女の堂々として自信溢れるセリフと明るいエネルギーが劇中人物の魅力をうより一層際立たせた。感覚的でクリエイティブな姿を見せるためビジュアルにも気を使ったというソ・ジヘは、誰よりも情熱的で率直で大胆な魅力を持ったホン・イェスルそのものを見せ、感嘆を誘った。

イェスルの元彼で、全てが完璧な天才監督イ・ピリョ役のキム・ジソクも抜群の存在感を発揮した。ミンフとは異なり、穏やかな口調と切ない眼差しを見せるキム・ジソクは、イェスルへの純愛で女心を掴む予定だ。この他にもジュヨン、テ・インホ、キム・ガウン、ファン・ボラなど、演技派俳優らが名脇役としてドラマに活気を吹き込んだ。

俳優たちは台本の練習をすべて終えた後、「キスをすれば未来が見えるという独特な設定がとても面白かった」と口を揃えた。制作陣も「題材はファンタジーだが、広告代理店に勤めているミンフとイェスルの話はあまりにも現実的だ。現実とファンタジーを行き来する楽しさがある。視聴者の皆様の感覚を目覚めさせる、胸キュン必至の恋愛ドラマを楽しみにしてほしい」と伝えた。

「キス・シックス・センス」は韓国で5月に公開される。

記者 : パク・アルム