ヨ・ジング&チョ・イヒョンら、リメイク作「リメンバー・ミー」に出演決定!キム・ハヌル&ユ・ジテの名作が再誕生

Newsen |

写真=JANUS ENT、アーティストカンパニー、サイダスHQ、CUBEエンターテインメント、Fides Spatium
「リメンバー・ミー」がリメイク作として再誕生し、ヨ・ジングとチョ・イヒョンが主演として活躍する。

映画「リメンバー・ミー」は偶然のきっかけで無線機で話せるようになった二人の男女が、それぞれ生きている時代で展開される恋と友情を描いた作品だ。時代を超えて共感できる男女の切なく斬新なストーリーを描く感性溢れるラブストーリーとして、多くの人の心に響いた名作「リメンバー・ミー」がリメイクされることになった。

ヨ・ジングは1995年入学で機械工学科に復学した学生、ヨン役を務める。ドラマ「ホテルデルーナ」「怪物」で名実ともにヒットメーカーの俳優になったヨ・ジングは、深い目つきで感性溢れるラブストーリーを届ける。世界が注目しているライジングスターのチョ・イヒョンは、2021年入学の社会学科生ムニ役を務める。Netflixオリジナルシリーズ「今、私たちの学校は…」とは異なる魅力を届ける予定だ。

また、ヨンの初恋の相手であるハンソル役には、ドラマ「SKYキャッスル」「御史とジョイ」の主人公であるキム・ヘユンが務め、一度見ると忘れられない魅力を届ける。ムニの優しい男友達のヨンジ役には、ドラマ「王女ピョンガン 月が浮かぶ川」、バラエティ番組「1泊2日」シーズン4で活躍したナ・イヌがキャスティングされた。最後にヨンと同じ学科で親友のウンソン役はドラマ「九尾の狐とキケンな同居」で印象深い演技を届け、SBSで放送予定の「なぜオ・スジェなのか」の主演に抜擢されたペ・イニョクが務める。

演出のソ・ウニョン監督は映画「告白」が「富川(プチョン)国際ファンタスティック映画祭」で受賞し、「ワルシャワ国際映画祭」の新人監督コンペティション部門に招待されるなど安定した実力を認められた忠武路(チュンムロ:韓国映画街の代名詞)の次世代監督だ。5月にクランクインする。

記者 : ペ・ヒョジュ