パク・ヒスン、新ドラマ「トロリー」に出演決定…キム・ヒョンジュの夫役に

TVREPORT |

写真=S.A.L.Tエンターテインメント
俳優のパク・ヒスンがSBS新ドラマ「トロリー」に出演する。

12日、所属事務所S.A.L.Tエンターテインメントは「パク・ヒスンがSBS新ドラマ『トロリー』に出演を確定した。新しいジャンルとキャラクターでお茶の間に帰ってくるパク・ヒスンにたくさんの関心と温かな応援をお願いしたい」と伝えた。

「トロリー」は、過去を隠したまま静かに暮らしていた国会議員の妻の秘密が明かされることで、夫婦がぶつかるジレンマと選択に対する物語を描く、“ミステリージレンマメロドラマ”だ。SBS「ホン・チョンギ」などを演出したキム・ムンギョ監督と、SBS「ブラームスは好きですか?」を執筆した脚本家のリュ・ボリがタッグを組んだ作品として話題を集めている。

パク・ヒスンは出馬を控えている“再選国会議員”ナム・ジュンド役を演じる。ナム・ジュンドは、社会的な弱者を保護し、世の中をより良いところにしようと努力し、人に隠れて寄付とボランティア活動をしていたところ、へジュ(キム・ヒョンジュ)に出会い、恋に落ちる。予期せぬ事件で知らなかった妻の秘密が世の中に明かされ、順調だった人生に変化が訪れるが、すぐに元の場所に戻れると信じる人物だ。

Netflixオリジナル「マイネーム」のチェ・ムジン役で多くの人々から愛され、大きな話題を集めたパク・ヒスンは、Netflixオリジナル「模範家族」、Disney+のオリジナルシリーズ「ムービング」に続き、SBS「トロリー」にも出演を確定し、2022年も熱心に活躍する。映画「セブンデイズ」「作戦」「依頼人」「容疑者」「南漢山城」「1987」「魔女」、JTBCドラマ「美しい世界」など、様々なジャンルとキャラクターを通じて存在感を見せ、熱演を披露したパク・ヒスンが「トロリー」でどのような魅力を披露するのか、期待を集めている。

記者 : パク・ソリ