イ・ソヨン、映画「十九、三十九」に出演決定…新鮮な姿に期待

MYDAILY |

写真=IOKカンパニー
女優のイ・ソヨンが映画「十九、三十九」(監督:パク・ジェホ)への出演を確定した。

同作は燦然と輝いていた女子高生時代を過ぎ、学級委員長ヨンミのカフェで再会した同級生たちが20年間隠された秘密に向き合い、互いを理解し成長していく感性ヒーリングドラマだ。

劇中でイ・ソヨンは、女子高生時代の学級委員長であったパク・ヨンミ役に扮する。チャレンジ精神が強く、長い外国生活を終え帰国したヨンミは、バラバラになっていた友人たちが集まる大義名分を作る。イ・ソヨンは学生時代、重要な事件の中心に立つ人物として複雑で微妙な感情を表現する予定だ。

イ・ソヨンは昨年、KBS 2TVドラマ「ミス・モンテクリスト」のク・ウンジョ役、2019年にMBC「龍王<ヨンワン>様のご加護」のシム・チョンイ役など、多数のドラマでキャラクターに入り込み、作品の完成度を高めてきた。そんな彼女が映画「十九、三十九」を通じてどのような新鮮な姿を披露するのか、期待が集まっている。

記者 : キム・ナラ