ソル・ギョング&チョン・ウヒ&ムン・ソリ主演映画「君の親の顔が見てみたい」が4月27日に公開決定

MYDAILY |

写真=(株)mind mark
ソル・ギョング、チョン・ウヒ、ムン・ソリが主演を務める映画「君の親の顔が見てみたい」が4月27日に韓国で公開される。

「君の親の顔が見てみたい」は本日(30日)午前、「韓国での公開日を4月27日に確定した」と発表し、予告ポスター第1弾を公開した。

同作は、自ら身を投げたある学生の遺書に書かれた4人の名前、加害者として指名された自身の子どもたちのために事件を隠蔽しようとする親たちの醜い素顔を描いた映画だ。

今回公開された予告ポスター第1弾には、弁護士カン・ホチャンを演じるソル・ギョングとポスターをいっぱいに詰め込まれたタイトルが深刻な雰囲気を醸し出し、一気に注目を集めた。ここに、「誰かが過ちを犯したと思うが、私の息子は絶対にそんなことをしない」というフレーズが、いじめの加害者として指名された息子を持つ父親カン・ホチャンの本心を見せると同時に、事件を隠蔽しようとする加害者の親たちが繰り広げていく醜悪な姿を暗示し、緊張感を高める。

同作でソル・ギョングは、それぞれ自分の子供を守ろうとする他の加害者の親たちと一緒に緻密な作戦を立てて行動する利己的な人物の一面を完璧に表現して劇をリードし、観客を物語の世界に引き込む予定だ。

特に、韓国を代表する演技派俳優たちの充実したラインナップが、作品の高い完成度を保証し、より一層期待を高めている。ソル・ギョングと共に加害者の親を演じるオ・ダルス、コ・チャンソク、キム・ホンパと、一人で大切に育てていた息子を失った母親を演じるムン・ソリ、そして事件の真相を明らかにしようとする担任教師チョン・ウヒの熱演は、様々な角度から対立し、ドラマチックなシナジー(相乗効果)を作り出す。名前だけでも期待を高める俳優たちの共演は、今春の劇場街に唯一無二の“ウェルメイド韓国映画”誕生を予告している。

「君の親の顔が見てみたい」は、同名の演劇を映画化した作品で、現代も度々問題になっている“いじめ”という素材を加害者の目線で描き出す作品として、話題を集めている。

映画「シンクホール」「ザ・タワー 超高層ビル大火災」「光州5・18」など、多様なジャンルと新鮮な題材の作品を披露してきたキム・ジフン監督が演出を務め、これまでとは異なる新たなタイプの作品を披露する予定だ。

「君の親の顔が見てみたい」の配給を担当するmind markは2020年4月、新世界グループの新規事業のために設立された総合コンテンツ会社だ。同社は、映画やドラマなどの差別化されたIP開発に集中して、強力な映像コンテンツを保有し、それを基盤に事業を拡大していく予定だ。

記者 : キム・ナラ