イ・ジョンジェ、韓国人で初の快挙!「第27回クリティクス・チョイス・アワード」で主演男優賞を受賞

OSEN |

写真=「第27回クリティクス・チョイス・アワード(放送映画批評家協会賞)」
俳優のイ・ジョンジェが「第28回全米映画俳優組合賞」に続き、「第27回クリティクス・チョイス・アワード(放送映画批評家協会賞)」でも韓国人俳優として初めて主演男優賞を受賞した。

13日(現地時間)、米ロサンゼルスのFairmont Century Plazaで開かれた「第27回クリティクス・チョイス・アワード」には、「イカゲーム」の主役イ・ジョンジェとチョン・ホヨン、パク・ヘス、ファン・ドンヒョク監督が出席した。

同授賞式は、アメリカ・放送映画批評家協会(BFCA)が主管するイベントで、アメリカを代表する授賞式の1つとされる。映画とテレビ部門に分かれており、今後開催されるエミー賞など、主要授賞式の結果が予測できる授賞式でもある。

これに先立って、「イカゲーム」はドラマシリーズ作品賞(BEST DRAMA SERIES)、外国語ドラマ賞(BEST FOREIGN LANGUAGE SERIES)などにノミネートされ、劇中でソン・ギフン役を熱演したイ・ジョンジェは、ドラマシリーズ最優秀男優賞(BEST ACTOR IN ADRAMA SERIES)部門にノミネートされた。

「イカゲーム」は、Apple TV+「アカプルコ」(メキシコ)、Netflix「エージェント物語」(フランス)、Netflix「Lupin/ルパン」(フランス)、Netflix「ペーパー・ハウス」(スペイン)、Netflix「ナルコス: メキシコ編」(アメリカ)をおさえ、外国語ドラマ賞を受賞した。

また、イ・ジョンジェは韓国人俳優としては初めて同授賞式で主演男優賞を受賞する快挙を成し遂げた。感激しながらステージに立った彼は「『イカゲーム』を愛して支持してくださったすべての方々に感謝しています」とし、「イカゲーム」チームに感謝の言葉を伝えた。

ドラマシリーズ作品賞の受賞は逃したものの、外国語ドラマ賞と主演男優賞の2冠を獲得する快挙となった。

他にも同日、イ・ジョンジェとチョン・ホヨン、パク・ヘスは、リミテッドシリーズ最優秀女優賞(Best Actress in a Limited Series or Movie Made For Television)のプレゼンターを務め、愉快なトークを披露した。

「イカゲーム」は456億ウォン(約44億円)の賞金がかかったサバイバルゲームの参加者たちが、勝者になるために命をかけて極限のゲームに挑む物語を描いた大ヒット作だ。

・イ・ジョンジェ、米「インディペンデント・スピリット賞」で主演男優賞を受賞!「イカゲーム」で再び快挙

・「イカゲーム」俳優が集結!パク・ヘス、共演したイ・ジョンジェ&チョン・ホヨンらと豪華ショット

写真=Netflix

記者 : チ・ミンギョン