ユ・ヨンソク&オルガ・キュリレンコ主演、フランス映画「バニシング:未解決事件」3月30日に韓国で公開決定…メインポスターも解禁

MYDAILY |

写真=JNC MEDIA GROU
映画「ミナリ」を継ぐグローバルプロジェクトとして期待を集めている映画「バニシング:未解決事件」が、韓国で3月30日の公開を確定し、メインポスター第1弾を公開した。

本作は、韓国で騒ぎ立てられた身元不詳の変死体が発見され、事件を担当することになった刑事のジンホ(ユ・ヨンソク)と、国際法医学者のアリス(オルガ・キュリレンコ)の共助捜査を通じて、衝撃的な事件の顛末と向き合うことから展開されるサスペンス犯罪スリラーだ。

公開されたポスターは、韓国で騒ぎ立てられた前代未聞の事件に絡み合った人物たちが重い存在感をアピールし、目を引く。“前代未聞の事件、残酷な真実”というキャッチコピーとともに、それぞれ異なるところを見つめている4人の人物が意味深な表情を見せ、事件の衝撃的な顛末に対する観客の好奇心を刺激する。

人々が変死体で発見される事件の真実を追う刑事のジンホ(ユ・ヨンソク)は、鋭い眼差しと独特なオーラを放ち、劇中で見せる本能的な捜査感覚とプロフェッショナルな一面に対する期待を高めている。ジンホと同じ方向を見つめている国際法医学者アリス(オルガ・キュリレンコ)の固い表情は、優れた法医学知識を用いて、ジンホと協力することになる2人の幻想的なケミ(ケミストリー、相手との相性)を予想させる。

さらに、事件の助っ人であり、真実を隠している同時通訳者のミスク(イェ・ジウォン)が複合的な感情を表した顔で、事件の解決にどのような影響を及ぼすのか、観客の注目を集めている。最後に、事件の核心人物であるチョン・ダルチェク(チェ・ムソン)が強烈な雰囲気を醸し出し、観客に一時も緊張を緩めることができないサスペンスを届ける予定だ。

韓国を代表する演技派俳優たちとハリウッドのトップ女優の完璧な共演で完成したグローバルプロジェクト「バニシング:未解決事件」は、韓国で3月30日に公開される。

記者 : クァク・ミョンドン