パク・ソダム主演、映画「特送」ウーディネ極東映画祭のコンペティション部門に公式招待

Newsen |

写真=NEW
映画「特送」(監督:パク・デミン)は、4月22日~30日(現地時間)に開催される第24回ウーディネ極東映画祭のコンペティション部門に公式招待された。

今年で24回目を迎えた同映画祭は、アジアの映画を全世界に紹介するヨーロッパ最大規模の映画祭だ。

執行委員長のサブリナ・バラチェッティは「アクションとストーリー、両方に好奇心をくすぐられる映画だった。パク・ソダムの演技は素晴らしく、観客は『特送』が届ける楽しさを満喫できるだろう。ウーディネの全域でエンジンの轟音が聞こえるだろう」と絶賛し、公式招待の理由を明かした。

韓国で12日に公開され、好評が続いている「特送」はスリル満点のカーチェイス、大胆なアクションで世界中の観客を虜にするだろうと期待されている。

記者 : ペ・ヒョジュ