HYBEパン・シヒョク議長、HYBE AMERICAのCEO2人とともに「2022 ビルボードパワーリスト」に選定

Newsen |

HYBEのパン・シヒョク議長と、HYBE AMERICAのCEOスクーター・ブラウン、ユン・ソクジュンが「2022 ビルボードパワーリスト(The 2022 Billboard Power List、以下パワーリスト)」に選ばれた。ビルボードは、毎年世界の音楽産業で最も影響力のある人物を“パワーリスト”に選定して発表している。

特に今年ビルボードは、ビルボードは音楽市場の急成長により、歴史上最多となるパワーリストを発表したが、HYBEのパン・シヒョク議長とHYBE AMERICAのCEOであるスクーター・ブラウン、ユン・ソクジュンは、現在、業界で最も影響力のある経営陣トップ25に名を連ねた。パワーリストには、HYBE AMERICA傘下のBig Machine Label GroupのCEOスコット・ボーチェッタ、SBプロジェクトの代表アリソン・カイエも含まれている。

パン・シヒョクがビルボードのパワーリストに選定されたのは、2020年に続いて2回目だ。ビルボードの「ニュー・パワー・ジェネレーション25人」に続き、ビルボード「インターナショナル・パワー・プレイヤーズ(International Power Players)」に2年連続選定、Varietyの「インターナショナル・ミュージックリーダー(International Music Leaders)」に2年連続で選定されるなど、音楽産業のグローバルリーダーとしての影響力を見せている。

スクーター・ブラウンは、元Ithaca Holdingsの代表として2013年からビルボードパワーリストに選定され、2021年にはVariety「今年の音楽産業界のキーパーソン」に選ばれるなど、世界的な影響力を認められており、今年はHYBE AMERICAのCEOとして再度名を連ねることになった。

ユン・ソクジュンも、2020年のRolling Stone「フューチャー25」に続き、2021年には「ビルボード・インターナショナル・パワー・プレイヤーズ」「ビルボード・インディーズ・パワープレイヤーズ(Billboard's Indie Power Players)」に選定され、今年は「ビルボードのパワーリスト」にまで名を連ね、世界の音楽産業が注目するリーダーとしての地位を固めている。

26日(現地時間)、公式サイトを通じて「2022パワーリスト」を発表したビルボードは、「HYBEを設立したパン・シヒョク議長は、制作に注力するため、2021年代表取締役を退き、パク・ジウォンHQ CEOが新しい代表取締役に選任され、HYBEとIthaca Holdingsの合併により、Ithaca Holdingsのスクーター・ブラウン代表とHYBE GlobalのCEOユン・ソクジュンが、HYBE AMERICAのCEOとして、率いることになった」とし「HYBE AMERICAのCEO2人は、米国市場で新しい人材開発とK-POPビジネスモデルを展開してくれるだろう」と期待を示した。

記者 : ペ・ヒョジュ