キム・レウォン&ソン・ホジュン&コン・スンヨン、新ドラマ「消防署の隣の警察署」に出演決定

OSEN |

写真=各事務所
キム・レウォン、ソン・ホジュン、コン・スンヨンがSBS「消防署の隣の警察署」への出演を確定して、本格的に撮影を開始した。

SBS新ドラマ「消防署の隣の警察署」は、犯人を捕まえる警察と火災を抑える消防の共同対応の現場日誌で、人のために最も熱いチームプレイを描くドラマだ。犯罪と災難、救急と緊急を行き来する激しい現場を、警察署と消防署が共同で対応する話を韓国で初めて描くという点で期待が高まっている。ここに圧倒的な存在感を放つ俳優キム・レウォン、ソン・ホジュン、コン・スンヨンがキャスティングされ、高い関心が続いている。

まず、最高視聴率21.6%を記録したヒット作「ドクターズ」以来、約6年ぶりにSBSに戻ってきたキム・レウォンは、一度かみついたら必ず捕まえる熱血刑事チン・ホゲ役を務めた。荒々しい眼差しやきつい口調のせいで誤解も受けるが、鋭い現場把握能力、犯人の心理を見抜く洞察力、そして勝負根性まで兼ね備えた、文字通り“骨の髄まで刑事”だ。アクション演技から鋭く光る眼差しまで、すべてを完璧に演じるキム・レウォンの活躍が期待される。

俳優のソン・ホジュンとコン・スンヨンは、消防署所属だ。久しぶりのドラマ復帰でファンをときめかせたソン・ホジュンは、外見は冷たそうに見えるが、誰よりも周りの人々と被害者に配慮して、炎の中に突進する消防隊員ポン・ドジンを演じる。自分だけのカラーを持つ個性溢れる演技派俳優であるため、信頼をもとにドラマで披露する新しいキャラクターに期待が高まっている。

これまでさまざまなジャンルとキャラクターに挑戦し、貫禄を放ってきたコン・スンヨンは、小さな傷も見逃さず、心まで世話をする救急隊員ソン・ソル役を務めた。映画「一人暮らしの人々」で昨年「第42回青龍映画賞」新人女優賞を受賞し、“再発見”という好評を得た彼女が、今回は小さな傷も見逃さない救急隊員になって、もう一度強烈な存在感を放つと期待されている。

チン・ホゲ、ポン・ドジン、そしてソン・ソルは、性格だけでなく、現場を分析する刑事と消防隊員の見解の差により、いがみ合う時もある。しかし、市民の安全を守るという同じ目標を持つ彼らの呼吸が、この作品の最大の見どころだ。警察署と消防署が共同で対応する物語を、現実的な事件から“最も難しい科学捜査”とされる火災調査までリアルに描き、面白さと感動を届ける予定だ。

制作陣は「『消防署の隣の警察署』は、犯罪と災害現場の隠れた英雄たちの熾烈な共同対応を描いた作品だ」と紹介し、「出演を確定したキム・レウォン、ソン・ホジュン、コン・スンヨンがそれぞれのキャラクターに最高の演技と真心を加えて、完璧なハーモニーを見せるものとみられ、制作陣の期待も高まっている。2022年にSBSが新たに披露する『消防署の隣の警察署』の初放送まで、関心を持って見守ってほしい」と伝えた。

SBS新ドラマ「消防署の隣の警察署」は、厚いマニア層を持つ「ジャスティス -検法男女-」シリーズのミン・ジウン脚本家が執筆し、「緑豆の花」「おしえて!イルスン」「六龍が飛ぶ」のシン・ギョンス監督が演出を務める。韓国で2022年の上半期に放送される予定だ。

記者 : パク・ソヨン