少女時代 テヨン、Mnetサバイバル番組「QUEENDOM2」のMCに抜擢!来月より収録スタート

Newsen |

写真=Mnet
K-POPガールズグループのMnetサバイバル番組「QUEENDOM」シーズン2が、今年上半期の放送を確定し、少女時代のテヨンがMCに抜擢された。

「QUEENDOM2」の制作陣は「テヨンは2007年に少女時代のメンバーとしてデビューし、豊かな音楽の世界観を届けて“信じて聴けるボーカルクイーン”と呼ばれ、音楽シーンのトップソロアーティストとして16年間その座をキープしてきた」とコメントした。

また「テヨンは世界中にK-POPを発信した代表的なアーティストであり、韓国国内外で幅広いファン層を保有している。何よりも後輩のガールズグループからは憧れのロールモデルとされており、番組のMCとしてだけでなく様々な役割を果たすと期待している」と明かした。

2019年に韓国で放送がスタートした「QUEENDOM」は、K-POPのトップアイドル6組が同時にシングルを発売して競争するカムバックサバイバル番組。当時、毎回K-POPガールズグループの華やかなパフォーマンスで大きな話題を集め、人気番組となった。さらに同番組の話題性はその後、男性アイドル版のMnet「Road to Kingdom」と「KINGDOM:LEGENDARY WAR」の誕生につながった。

何よりも「QUEENDOM」は、ガールズグループの音楽の魅力と個性を韓国だけでなく世界中のK-POPファンにアピールできる場を設けたことで、好評を得た。

今回の新シーズンでは、どのようなガールズグループがファンの再評価を得るか、期待が高まっている。「QUEENDOM2」は来月より初の収録を行う予定だ。

・少女時代 テヨン、新曲「Can't Control Myself」が韓国国内外の音楽配信チャートで1位を席巻

・少女時代 テヨン、動物虐待が提議された「太宗イ・バンウォン」の制作陣に怒り“本当に酷い”

記者 : キム・ミョンミ