ワン・ジウォン、国立バレエ団首席ダンサーのパク・ジョンソクとの結婚控え…SNSで心境告白「一生を共にする」

TVREPORT |

写真=ワン・ジウォン Instagram
女優のワン・ジウォンがパク・ジョンソクと結婚を控えた想いを率直に伝えながら愛情を示した。

ワン・ジウォンは昨日(21日)、自身のInstagramを通じて「たくさんの関心と祝福をありがとうございます」と伝えた。

続けて「彼とはバレリーナのキム・ジュウォンさんの公演で共演したことがきっかけで知り合いました。2年間の交際期間を経て、お互いにとってなくてはならない存在になりました。何より私を大切にして、私のそばでいつも応援してくれる彼に言葉で表現できないくらい感謝の気持ちを感じました」と深い愛情を示した。

彼女は「バレエを専攻した私と、現在国立バレエ団で現役の首席ダンサーとして活動している彼にはバレエという共通点があります。お互いを理解し、共感できることが嬉しかったですし、お互いに頼り合うことができました」と結婚を決心した理由を付け加えた。

続けて「私を心配し、励まし、いつも私を守ってくれた相手と一生を共にすることを約束し、2月に結婚式を挙げることになりました。女優で教育者、そして一人の男性の妻として良い姿をお見せするため努力します。幸せに生きていきます」と結婚への想いを伝えた。

この日、彼女は長文のコメントとウエディング写真を掲載し、美しいドレス姿とイケメンな新郎の姿を公開した。

ワン・ジウォンはドラマ「曲げない男、ク・ピルス」を通じて活動を続けながら、ファンとコミュニケーションをとる予定だ。

・ワン・ジウォン、国立バレエ団首席ダンサーのパク・ジョンソクと2月に結婚…ウエディングフォトを公開

ワン・ジウォン Instagram コメント全文

こんにちは、ワン・ジウォンです。

まず、たくさんの関心と祝福を本当にありがとうございます。

彼とはバレリーナのキム・ジュウォンさんの公演で共演したことがきっかけで知り合いました。2年間の交際期間を経て、お互いにとってなくてはならない存在になりました。何より私を大切にして、私のそばでいつも応援してくれる彼に、言葉で表現できないほど感謝の気持ちを感じました。

バレエを専攻した私と、現在国立バレエ団で現役の首席ダンサーとして活動している彼にはバレエという共通点があります。お互いを理解し、共感できることが嬉しかったですし、お互いに頼り合うことができました。

私を心配し、励まし、いつも私のそばを守ってくれた相手と一生を共にすることを約束し、2月に結婚式を挙げることになりました。

女優で教育者、そして一人の男性の妻として良い姿を見せるために努力します。幸せに生きていきます。

もう一度、皆様の心からの応援と関心にお礼申し上げます。

記者 : ハ・スナ