チョン・ソミン、足を骨折して手術…人気番組「ランニングマン」の収録は不参加に

Newsen |

写真=KBS
女優のチョン・ソミンが「ランニングマン」の収録に参加しない。

所属事務所であるキングコング by STARSHIPの関係者は本日(21日)、Newsenとの取材を通じて「チョン・ソミンが19日に足を骨折して手術を受け、現在回復中だ」と明らかにした。

彼女は、個人スケジュール中に足を踏み外して負傷したという。そのため、24日と25日に行われるSBS「ランニングマン」の収録には不参加となった。

一方、「ランニングマン」にゲストとして収録に参加していたSUPER JUNIORのウニョクの新型コロナウイルス感染の影響で、出演者全員が20日にPCR検査を行った。ユ・ジェソク、チ・ソクジン、キム・ジョングク、ハハ、ソン・ジヒョ、ヤン・セチャン、チョン・ソミンら、番組の出演者は陰性判定を受けた。

この中でソン・ジヒョは陰性判定を受けたが、10日間の自主隔離に入った。幼い頃に薬物アレルギーの病歴を診断され、ワクチン接種をしなかったためだ。これによって、ソン・ジヒョとチョン・ソミンは24日と25日に予定されている「ランニングマン」の収録に参加しないことになった。

・SUPER JUNIOR ウニョクのコロナ感染をうけ…人気番組「ランニングマン」出演者全員がPCR検査

・チョン・ソミン、ドラマ「ショーウィンドー:女王の家」放送終了の感想を語る“縁はとても大切なものだと感じた”

記者 : キム・ミョンミ