ウ・ドファン、除隊後初のグラビアを公開…鍛え上げた筋肉にも注目「10年間の宿題を終えた気分」

TVREPORT |

写真=「VOGUE KOREA」
俳優のウ・ドファンがファッショングラビアを通じてより深くなった雰囲気を披露し、目を引いた。

最近、本格的に活動を再開したウ・ドファンの「VOGUE KOREA」2月号のグラビアとインタビューが公開された。今回のグラビアはより深くなった眼差しとセクシーな魅力が加わった、彼の除隊後初のグラビアであり、さらに意味深い。

彼はフォーマルなトレンチコート、強烈なイメージが印象的なレッドスーツ、インパクトあるアクセサリーまで完璧に着こなして、ブランクを感じさせないビジュアルをアピールした。特に彫刻のような筋肉質のボディを強調したシースルールック、タフな目つきが調和をなし、目が離せないグラビアに仕上げた。

久々のグラビア撮影ということでなかなか眠れず撮影に来たという彼は「インタビューはどのようにしてたかな、映像はどのようなムードで取り組んでいたかななど、色々考えてしまって……」と伝え、ときめきと緊張を同時に伺わせた。

真剣な姿勢でインタビューを行った彼は、服務中に「空気のような当たり前の日常がいかにありがたいものなのか、実感しました」とし「18ヶ月間の宿題ではなく、10年間の宿題を終えた感覚です。これからは、安心して走ることに集中していきたいです」と除隊の感想を伝えた。また「その日その日の感情や小さな幸せを書き留めるようにしています。日記を書くようになってから、思考の幅がより広くなったようです」と明かした。

また「猟犬たち」のゴヌ役のため、2ヶ月前から体を鍛え、グラビアの撮影場に来るまで台本を読んでいたと伝えた。「ここまで準備の作業が多い作品は初めてです。ゴヌは元ボクサーでとても動きが多い人なので、献立の管理をしながらボクシング、筋トレ、アクションスクール、ピラティスまで運動をする時間を多く設けています」と明かし、徹底した自己管理と復帰作に集中している姿でファンの期待を高めた。

彼の多彩な魅力が盛り込まれたグラビア&インタビューの詳細は「VOGUE」韓国版2月号で公開される。

ウ・ドファンは現在Netflixの新シリーズ「猟犬たち」を撮影中だ。

・ウ・ドファン、除隊後の近況…お茶目なVサインでキュートな魅力をアピール

・VIXX ケン&ウ・ドファン&ド・イヒョン、本日(1/5)除隊…新型コロナの影響で最後の休暇から部隊復帰なし

記者 : キム・ミョンシン