ヨンタク、マッコリの商標権をめぐる対立に公式コメント「検察から再捜査の要請…真実を明かす」

MYDAILY |

写真=マイデイリー DB
歌手のヨンタクの所属事務所が、マッコリ製造会社であるイェチョン醸造の刑事告訴について公式コメントを明かした。

本日(19日)、MILAGROは公式コメントを通じて「11日、検察からイェチョン醸造の恐喝未遂及び名誉毀損などに関する再捜査が行われるという連絡を受けた。当初、検察の不送致決定に対し、検察からこの事件の再捜査を要請されたことが確認された」と明かした。

続いて「従って、現在の状況としては、イェチョン醸造に罪がないというわけではない。イェチョン醸造のヨンタクに対する脅迫と虚偽の誹謗中傷行為には深刻な問題がある」とし「誠実に再捜査に臨み、イェチョン醸造の主張がとんでもないということをファンの皆さんと国民の皆さんに明らかにする」と説明した。

また「イェチョン醸造は第三者にヨンタクの新番組が初放送される日に合わせて、『悪意のある報道資料を準備した』と言って、MILAGROに商標権について合意するように誘導した。しかし当社は、公正な捜査を通じて真実が明らかになることを望んでいるため、これに応じなかった」と主張した。

最後に「ヨンタクを利用して悪意のある報道資料の配布と虚偽事実の流布、ファンの心を悪用するなど、イェチョン醸造の行為に対して最後まで強硬対応を取る方針だ。今のように悪意のある炎上に巻き込まれず、再捜査の結果を見守りながら冷静に対応する」と述べた。

これに先立ってこの日、イェチョン醸造は公式コメントを通じて「歌手のヨンタクと彼の母親を相手取って刑事告訴を行う。詐欺、業務妨害、虚偽事実の流布による名誉毀損および誣告の疑いだ」と明かした。

【MILAGRO 公式コメント全文】

こんにちは。MILAGROです。

1. MILAGROは1月11日、検察からイェチョン醸造の恐喝未遂及び名誉毀損などに関する再捜査が行われるという連絡を受けました。

当初、検察の不送致決定に対し、検察からこの事件の再捜査を要請されたことが確認されました。

従って、現在の状況としては、イェチョン醸造に罪がないというわけではありません。

イェチョン醸造のヨンタクに対する脅迫と虚偽の誹謗中傷行為には、深刻な問題があります。

これに対し、MILAGROは誠実に再捜査に臨み、イェチョン醸造の主張がとんでもないということをファンの皆さんと国民の皆さんに明らかにします。

2. イェチョン醸造は第三者にヨンタクの新番組が初放送される日に合わせて、『悪意のある報道資料を準備した』と言って、MILAGROに商標権について合意するように誘導しました。

しかし当社は、公正な捜査を通じて真実が明らかになることを望んでいるため、これに応じませんでした。

3. MILAGROはヨンタクを利用して、悪意のある報道資料の配布と虚偽事実の流布、ファン心を悪用するなど、イェチョン醸造の行為に対して最後まで強硬対応を取る方針です。

当社は、今のような悪意のある炎上に巻き込まれず、再捜査の結果を見守りながら冷静に対応します。

記者 : カン・ダユン