Ledapple出身イ・ドジン「覆面歌王」のステージで公開告白!?真剣な愛のメッセージが話題に

Newsen |

Ledapple出身のイ・ドジンが「覆面歌王」に出演した感想と共に、キム・スクへの愛情を表した。

韓国で最近放送されたMBCバラエティ番組「覆面歌王」で、第2ラウンドに進出した実力派覆面歌手たちの対決が公開された。

特に注目を集めたのは“カーテンコール”と“サタラ(4ドル)”の対決だ。ギリギリの勝負を繰り広げた2人のうち、第3ラウンドに進出することになったのは“カーテンコール”だった。惜しくも脱落した“サタラ”は仮面を脱いで正体を公開した。彼はアイドル出身のトロット(韓国の演歌)歌手イ・ドジンだ。

イ・ドジンは2010年、Ledappleのメンバーとしてデビューし、その後ソロ活動を経てトロットジャンルに転向した。特にTV朝鮮「ミスタートロット」のアイドル部に参加し、注目を集めた。

彼はこの日、Newsenの電話取材で「甥たちが以前から『叔父さんは覆面歌王にいつ出てくるの?』と聞いてきたが、ついに夢を叶えた。歌手の叔父として格好良い姿を見せられる場に出演できて嬉しかった。姉たちも弟が一段ずつ勝ち抜く姿を見て喜びの涙を流したと言っていた」と打ち明けた。

特に彼はこの日、「覆面歌王」のステージで愛の告白をしたい人がいると伝え、注目を浴びた。その相手はお笑いタレントのキム・スクだった。彼は「キム・スクさんとボランティア活動で仲良くなった。彼女が温かく面倒を見てくれた。2015年に彼女が麻浦(マポ)に住んでいたが、車で仁川(インチョン)の家まで送ってくれた。その時、彼女に夢中になった」と告白した。

イ・ドジンは「その後、キム・スクさんに本物の愛を感じ(伝えたが)、いたずらだと思って受け入れてくれなかった」と打ち明けながらその場でビデオレターを送り「僕を受け入れてくれないか」と訴え、皆を驚かせた。

これについてイ・ドジンは「放送後、親友から電話が来た。2014年に話していたことは、本気だったのか? と聞かれた。当時はいたずらだと思ったと言われた」とキム・スクへの気持ちが本気であることを強調した。

特に彼は「キム・スクから連絡が来たのか?」という質問に対し、「『覆面歌王』を見たよと連絡が来た。『あなたは無名時代が長かったけれど、うまくいって本当に嬉しい」と言ってくれた。番組にも出たが、キム・スクさんがご飯も、コーヒーもおごってくれて、家まで送ってくれた。長い間、僕を見てきたから、うまくいって良かったと言ってくれた」と感謝の気持ちを伝えた。

キム・スクと同じ美容室に通っているというイ・ドジンは「毎日会う度に告白するが、僕が近づくだけでいたずらだと思われる。でも、気持ちは通じると思う」と付け加えた。

・Ledapple出身イ・ドジン、童顔なビジュアルとのギャップに驚き!?筋肉質な身体を公開

・【PHOTO】Ledapple出身イ・ドジン「歌謡舞台」の撮影に参加…指ハートで陽気に挨拶

記者 : キム・ミョンミ