「スノードロップ」ユ・インナ、チョン・ヘインに警告…怒りを見せる姿も

Newsen |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=ドラマハウススタジオ、JTBCスタジオ
俳優のチョン・ヘインが、怒ったスパイの演技を繰り広げた。

韓国で1月15日に放送されたJTBCの土日ドラマ「スノードロップ」の第10話で、南派工作員のスホ(チョン・ヘイン)が“モラン峰1号”のカン・チョンヤ(ユ・インナ)の銃を奪った。地下室から抜け出した安企部チーム長のカンム(チャン・スンジョ)は、チョンヤの頭に銃を向けた。チョンヤはスホがカンムとパートナーになったことに気づき、怒りを見せた。

第9話のエンディングで生徒たちが逃げるのを防ぐため、寮を爆発させたチョンヤ。爆弾は2階の一部の空間で爆発し、スホとチョンヤは混乱した隙に人質が脱出できないように阻止した。

爆弾が爆発すると、ウン・チャンス(ホ・ジュンホ)は理性を失って、スホにヨンロ(BLACKPINKのジス)を今すぐに出せと怒り、スホは「ヨンロを休憩室の窓の前に立たせて、無事であることを証明する」と答えた。チョンヤは自分の許可なしにヨンロをウン・チャンスに見せることにしたスホに怒ったが、スホは「ウン・チャンスを落ち着かせて、時間を稼ぐことを優先すべき」とした。チョンヤはギョクチャン(キム・ミンギュ)に「窓の前に立ったヨンロが、自分の正体を口に出そうとすれば撃ってもいい」と密かに指示した。

窓に立ったヨンロは、父親のウン・チャンスに「助けてください。誰も信じられない」と哀願した。チョンヤの指示を受けたギョクチャンはヨンロに銃を撃ち、これに気づいたスホはヨンロを守るため、彼女を抱きながら倒れた。ヨンロは狙撃手らの銃が降り注ぐ中、自分を救うために銃に撃たれたスホを見て、心が揺れた。チョンヤはヨンロの頬を殴り、彼女を地下室に閉じ込め、水を一口も与えるなと命令した。

爆弾が爆発した後、寮の前には人質にされた生徒たちの両親が集まった。爆発後、世論が沸き立つとナム・テイル(パク・ソンウン)は「人質が無事だという姿をハンディカメラで撮って送れ」と要求した。

ナム・テイルの腹心が込められた証拠物を持っているチャン・ハンナ(チョン・ユジン)を寄宿舎に入れることを主張し、チョンヤは生還を約束した党を疑うスホに怒った。スホは「党に対する忠誠心だけで、疑うことをやめるな」とし「命をかけてハン・イソプ教授を拉致しなければならないこの工作が、南朝鮮政権の再創出に貢献する工作だとは夢にも思わなかった」と対立した。チョンヤとスホの溝はさらに深まり、チョンヤは結局、自らの警告を無視したスホに向かって発砲して緊張感を高めた。

スホの変化を感知したチョンヤは、彼を監視させることにした。また、ブノク(キム・ヘユン)に人質の監視を任せた。ブノクはスパイの罪で取り調べを受けて死んだ姉の話を伝え、自分までスパイの罪で逮捕されてはいけないと心配したが、チョンヤはブノクに10年分の給料に当たるお金と銃を渡して説得した。

派手なワンピースを着て現れたブノクは、自分を無視するヘリョン(チョン・シンヘ)の頬を殴り、彼女に銃を向けた。また、これまで寮の学生たちが自分を感情も欲望もないもののように扱い、人扱いもしなかったと鬱憤をもらした。

ピ寮長(ユン・セア)が安企部によって、無念にスパイと決め付けられ、拷問を受けた過去も公開された。ピ寮長の回想中、アン・ギョンヒ(イ・ファリョン)は「私たちがスパイだといえば、ただのスパイだ」とし、ダムの水門の上でピ寮長を脅迫した。

恐怖に陥ったピ寮長は「平壌に行ってきたじゃないか。お前の恋人と」と強引な自白を誘導するアン・ギョンヒに「全部言います」と投降した。ピ寮長は、安企部との縁を聞くカンムに「何の問題もない人をスパイと決めつけて2人も殺しておきながら、貴様たちは勲章をもらい褒賞金まで受け取った」と憤った。

スホは祠堂でハンナから録音機を受け取った。録音機の中には「スパイは皆殺しにすることで、北朝鮮と合意し、人質は生かすことにした」というナム・テイルの声が入っていた。スホは、父親のリム・ジロク(チョン・ムソン)が解任されたかもしれないと思い、彼の居場所を確認しようとしたが、依然として統一戦線部長の座を守っていることに、自分が見捨てられたことを確信し、惨めな気持ちを隠せなかった。

その間、北朝鮮から“大統領選挙の前日に人質を全員射殺”という指令が下され、青野を意識して、慌てていた姿を隠した。寮長室で自分がスパイだという内容が録音されたリールテープを燃やしていたチョンヤの頭に、カンムの銃口が向けられた。そして、部屋に入ってきたスホは、チョンヤの腰につけた拳銃を抜いてしまった。スホが裏切ったことに気付いたチョンヤ。第10話は、彼女の怒り交じりの一喝で終了した。

記者 : ファン・ヘジン