キム・ソンリョン「こうなった以上、青瓦台に行く」に出演を決めた理由は“監督への信頼”

Newsen |

写真=wavve
女優のキム・ソンリョンが、OTT(動画配信サービス)作品に初めて出演した感想を語った。

昨年11月12日に全編が公開されたwavveオリジナルドラマ「こうなった以上、青瓦台に行く」(以下「青瓦台に行く」)は、文化体育観光部の長官に任命された五輪金メダリストのイ・ジョンウン(キム・ソンリョン)が、夫で政治評論家のキム・ソンナム(ペク・ヒョンジン)の拉致事件に、1週間孤軍奮闘する物語で、リアルな政治風刺を描くブラックコメディドラマだ。劇中で彼女は、五輪で過去に3連覇を達成した射撃の元韓国代表選手で、現在は文化体育観光部の長官を務めているイ・ジョンウン役を務めた。

ソウル江南(カンナム)区のカフェで行われた「青瓦台に行く」終了記念インタビューで、キム・ソンリョンは「作品に出演すると、少し未熟だった部分を感じたり、残念な部分が見えてきたりしますが、この作品は作品そのものがとても満たされていました。完成度が非常に高くて、特定の人物よりもドラマ自体がすごく興味深かったです。Twitterでの視聴者の反応も良くて、本当にやりがいを感じました」と語った。

キム・ソンリョンが「青瓦台に行く」に出演することを決めた理由は、MBC every1「できる者がク・ハラ」でタッグを組んだユン・ソンホ監督に対する信頼があったためだ。彼女は「監督とは良い思い出があります。本当に気楽に、ストレスを受けずに、楽しく撮影できました。監督のユニークさを知っていましたし、オファーをもらった時に基盤があるので、作品の面白さはある程度確信していました。そして、実際に台本を読んだらすごく面白かったんです。監督が良い人であっても、作品が良くなかったら出演をためらいますが、作品も良かったので、ためらうことなくすぐに出演を決定しました」と打ち明けた。

「監督は大変な状況でも台本を書かなければならないし、決まった時間内に撮影を終了しなければならなかったので本当に苦労していました。でも、最後まで諦めずに頑張ってくださって感謝しています。疲れてもおかしくないのに、すべての俳優たちを元気づけながら撮影していました。現場で監督が些細なこと一つ一つに丁寧に気を配る姿を見てきましたし、作品が完成して、その努力が無駄ではなかったと感じました。監督のおかげですべての俳優たちが、自分の役割を果たすことができました。女優のイ・チェウンさんが『青瓦台に行く』はすごく勉強になった作品だと言っていましたが、私にとってもそうでした」

ブラックコメディージャンルの女性政治家役を演じるにおいて、最初はたくさん悩んだという。キム・ソンリョンは「イ・ジョンウン役を難しく考えていました。政治家としての野望を持っている人ですが、元々は政治家ではなくスポーツ選手だったし、国会議員をしたことはあるけれど、そういう(元スポーツ選手という)設定をどのように表現すればいいか悩みました」と語った。

「長官になって、その最中に夫が拉致されてしまうという内容が難しかったです。イ・ジョンウン役は、あまりたくさんの感情が表に出たらいけないと思いましたし、私にとって冒険でもありました。もし、シーズン2が制作されたら、イ・ジョンウンのがらりと変わった姿を見せられると思います。イ・ジョンウンは最初から長官になろうと思っていた人ではなく、エピソードの中の一つの軸でした。政治面で色々なエピソードがありましたし、性的暴力、アイドル、マスコミ、仮想空間など、そういうものがちゃんと盛り込まれていました。なので、台本を読んだ時、とても面白そうだと思いました」

「青瓦台に行く」は、キム・ソンリョンが初めて出演したOTTの作品だ。新しいプラットフォームに進出することに対し、不安はなかったのだろうか。彼女は「周りの人も『OTT作品にたくさん出演する』という話を聞きました。撮影するときは『OTT作品だから違うだろう』とは思いませんでしたし、映画やドラマと同じように集中して撮影しました。唯一違う点といえば、初めての台本読み合わせの時にwavveの代表がいらっしゃいましたが、第一声が『皆さん、自由にやってください。私たちは皆さんがやりたいことを全部やることができるようにサポートするので、全部やってください』でした」とし、当時の状況を語った。

また、キム・ソンリョンは「疑問に思いながらもとても心強かったです。自由をくれたけど、3ヶ月という制作期間で全部撮らなければならなかったので、すごく忙しかったです。コロナ禍でもあり、週52時間という規制を守って撮影したため、毎日決められたシーンを必ず撮影しなければならなかったんです。もし撮影を次回に繰り越したら、スケジュールに支障が出てしまいます。なので俳優たちと作品について話して、監督とたくさん話し合う時間がありませんでした。俳優たちとまともに食事をすることもできず、打ち上げもできなくて残念でした。『もっと色々な話ができればよかったのに……』と思っています」と付け加えた。

記者 : パク・ウネ