Netflixオリジナル「今、私たちの学校は…」メイン予告映像&キャラクターポスターを公開

OSEN |

写真=ハ・スジョン
Netflix「今、私たちの学校は…」がメイン予告編とキャラクターポスターを公開して、期待を高めている。

ハイティーンゾンビ・サバイバルジャンルを掲げて、好奇心を刺激している「今、私たちの学校は…」が、メイン予告編とキャラクターポスターを公開した。「今、私たちの学校は…」はゾンビウイルスが広がった学校に孤立して救助を待っていた学生たちが、生き残るため、死闘を繰り広げるNetflixのオリジナルシリーズだ。

公開された予告編は、日常的な登校中の風景から始まる。しかし1人の学生が異常症状を見せ、平和だった日常が壊れ始める。ゾンビウイルスが学生たちの間で広がり始め、給食室、図書館、廊下など学校の至るところが、血に飢えたゾンビに覆われる。噛まれた瞬間、直ちにゾンビへと変わっていく友人たちの姿に衝撃に陥る暇もなく、辛うじて生き残った学生たちは、今から死闘を始めなければならない。

ゾンビウイルスの秘密を握っている科学教師のイ・ビョンチャン(キム・ビョンチョル)は、ゾンビの特性に関するビデオ記録を残しており、好奇心をくすぐる。学校に孤立している学生たちは、最後までお互いに手を握り、一緒に生き残ることを約束する様子が印象深い。

必死に娘を助けようとするオンジョの父親(チョン・ベス)、ウイルスの真実を暴く刑事のソン・ジェイク(イ・キュヒョン)など、パニックに陥った学校の外にも、学生たちを救うため、奮闘する人々がいる。ゾンビに囲まれて学校に閉じこめられた学生たちは、無事に学校の外に逃げ出すことができるのだろうか。

同時に公開されたキャラクターポスターでは、ゾンビが出回る学校で、生き残った学生たちの必死の瞬間を収めている。ゾンビの登場におびえるオンジョ(パク・ジフ)と、オンジョを守ろうとするチョンサン(ユン・チャニョン)、ゾンビでいっぱいの廊下を必死に走るナムラ(チョ・イヒョン)とスヒョク(パク・ソロモン)がどのような関係を築いていくかにも関心が集まっている。

アーチェリー部の生徒たちやその仲間たちも目を引く。アーチェリー部の部長である高校3年生のハリ(ハ・スンリ)は特技である弓で、同行するようになったミジン(イ・ウンセム)は折れた棒でゾンビに立ち向かう。また、グィナム(ユ・インス)は自分を取り巻くゾンビたちにひるまず、鋭い眼差しを見せている。

「死にたくない、殺したくない」というフレーズが、なんとか友人たちと一緒に生き残りたい学生たちの固い意志と、ゾンビに変わってしまった友人たちを殺さなくてはならないという、葛藤する彼らの複雑な心境が描かれる。グィナムだけが「殺したい」と本音を吐き、彼の怒りの原因と本当の正体とが何か、好奇心がくすぐられる。危機一髪の状況の中で、それぞれの方法で生き残りを図る「今、私たちの学校は…」に関心が集まっている。

メイン予告編とキャラクターポスターで多彩な見どころを予告した「今、私たちの学校は…」は、1月28日にNetflixで公開される。

記者 : ハ・スジョン