「工作都市」スエ、イ・イダムのことを誤解?裏切られたと思い涙

TVREPORT |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=JTBC「工作都市」放送画面キャプチャー
スエとイ・イダムが完全にすれ違ってしまった。

韓国で13日に放送されたJTBC「工作都市」では、ジョンホ(イ・チュンジュ)の介入で真実を明かせなかったイソル(イ・イダム)と、そんなイソルを誤解するジェヒ(スエ)の姿が描かれた。

先立ってジョンホは、ジェヒのためにイソルに会い、彼女のそばから離れるように求めた。イソルが断ると、ジョンホは「おかしいでしょう? ジェヒを守るために離婚をお願いするなんて。もう一度お願いします。すべて整理して、離れてください。ユン代表、ここまで来るのは大変でした。周りに敵も多く、まだ解決すべきことも残っています」と懇願した。

これを聞いたイソルは、ウォンロク(チョン・ヒテ)などが集まった別荘でヨンジュ(ファン・ソンヒ)に初めて会い、ジュニョク(キム・ガンウ)も“別荘メンバー”だったことを伝えた。「チョン・ジュニョクがどんな人間なのか、暴露するとでもいうのですか?」というジョンホの問いには「それは後の問題です。今はユン代表を守るのが優先です。手伝ってください」と訴えた。

一方、イソルはヒョヌ(ソ・ウジン)の実の母親で、これらすべてはハンスク(キム・ミスク)の設計の下で作られたものだった。過去に、ソンミ(キム・ジュリョン)を通じてイソルの正体を知ったハンスクは「国道部長官の捜査が終わるまでは待ってみよう。まずは警告だけして。自分を見守っている人がいるということは知っておかないと」と命令した。これに従い、ソンミはジェヒに“キム・イソルの実体”というタイトルで別荘の写真を送った。

国土部長官の捜査が終わった今、ハンスクは「あとはキム・イソルの件だけ解決すればいいね」と、彼に魔の手を伸ばそうとした。

その時、ジェヒは喪失感に崩れたジュニョクに「あなた、これだと大統領選挙どころか、この家からも追い出されるよ。しっかりして」と一喝した。

続いてヒョヌを理由に非難するピルソン(ソン・ヨンチャン)に「もう受け入れてください。私を憎んだって、私はあなたの息子の妻です」と鼻で笑った。「そんなもの、離婚させたら終わりだ」というピルソンの言葉には「私が大人しく引き下がると思いますか? チョン・ジュニョク、離婚したら私の夫でもないから、誰の手にも触れられないように徹底的に壊します」と一蹴した。

さらに「一人だけの息子さんのためにも、お父さんと私、仲良くすべきじゃないですか?」と付け加えた。

イソルもジェヒに真実を明かそうとしたが、彼女に誤解を招いてしまった。イソルがジョンホの呼び出しを受けて外出した時、彼の家を訪れたジェヒがヨンジュとイソルの関係を知ったのだ。この時、イソルがジュニョクのカフスを持っていると知ったジェヒは、裏切られたと思い、涙を流した。

記者 : イ・ヘミ