キム・テリ、新ドラマ「二十五、二十一」スチールカットを公開…高校生に変身

OSEN |

写真=tvN
tvNの新土日ドラマ「二十五、二十一」でキム・テリが、18歳のナ・ヒドに完璧に変身したスチールカットが公開された。

韓国で2月12日の午後9時10分より放送がスタートするtvNの新土日ドラマ「二十五、二十一」は、1998年を背景に、夢を奪われた若者たちの迷いと成長を描いたドラマだ。22歳と18歳の時、初めてお互いの名前を呼んだ2人が、25歳と21歳になって愛し合い、成長していく姿を描く。恋と友情の間で彷徨い、悩みを分かち合う5人の若者たちのケミ(ケミストリー、相手との相性)が、純粋だった青春時代の記憶を呼び起こす。

キム・テリは通貨危機でチームはなくなったが、情熱と覇気に満ちた高校のフェンシングの有望株、ナ・ヒド役を演じた。劇中でナ・ヒドは、倒れて挫折しながらも夢に向かって疾走する、諦めることを知らない若者らしく、エネルギッシュな人物だ。キム・テリはこれまで国の独立のため命をかけるカリスマ性溢れる姿から、ガールクラッシュ(女性から見てもカッコいい女性)の強烈な魅力、親近でハツラツとしたキャラクターまで何度もイメージチェンジを果たし、代替できない存在感をアピールしてきた。そんな彼女がナ・ヒド役に扮し、また人生最高のキャラクターを作ることができるか、関心が高まっている。

これに関連し、彼女が18歳の高校生ナ・ヒドに変身した姿が公開された。ナ・ヒドは制服姿でフェンシングの動作を練習している。彼女は目を輝かせ、体育館ではなく、野外で、刀もなく地面に立って空に手を伸ばしている。また、手に持った白い菊の花を見つめたり、空に向かって明るく笑う姿で、これから繰り広げられるヒドの物語への好奇心を刺激する。

キム・テリは「二十五、二十一」への出演について「脚本が本当に面白かったです。ヒドという人物は私が一度も会ったことのない人物で、気になりました」と台本を受けた後から感じたときめきを伝えた。続けて「私がこの台本の中にいる姿が。フェンシングという馴染みの薄いスポーツが題材であることもとても魅力的でした」とし、ナ・ヒドとしてフェンシングに接したことへの期待もあったと打ち明けた。

続けてナ・ヒドという人物について「フェンシングの有望株から始まって、今はスランプに陥っていますが、フェンシングをとても愛しているので、屈せずに夢に向かって歩いていく若者です」とし「普段はとても明るく前だけを見て走る性格ですが、自分の夢には誰よりも真剣な人です」と説明した。それから「最も愛情が持てる部分はヒドがいつも前進する子という点です。失敗が挫折につながらない子、悲劇がただの悲劇で終わらない子、歩き出すのが怖くない、しっかりした子です」とキャラクターへの思いを語り、限りない愛情を表した。

制作会社のファ&ダムピクチャーズは「キム・テリは演技への意志と執念が特別な、誰よりも熱情的で輝く宝石のような女優だ。全てのシーンに骨身を削る努力をしている彼女を見ていると、感嘆することになる。『二十五、二十一』のナ・ヒドという役に息を吹き込み、皆に『青春』という言葉を刻み込ませるキム・テリの活躍を楽しみにしてほしい」と伝えた。

「二十五、二十一」は「不可殺」の後番組で2月12日(土)午後9時10分に放送がスタートする。

記者 : パク・パンソク