新人俳優イ・チェミン、新ドラマ「君へ行く速度493km」に出演決定!チェ・ジョンヒョプらと共演

OSEN |

写真=GOLDMEDALIST
新人俳優のイ・チェミンが「君へ行く速度493km」に合流し、愛らしい末っ子の魅力を披露する予定だ。

韓国で2022年上半期に放送されるKBS 2TV新ドラマ「君へ行く速度493km」は初々しい25歳、運動が人生の全てであるパク・テヤン(パク・ジュヒョン)選手と、運動が職業であるパク・テジュン(チェ・ジョンヒョプ)選手がバドミントンの実業団を舞台に繰り広げるスポーツ恋愛ドラマだ。シャトルコックの羽のようにくすぐったく、最高時速493kmの強力に刺さるラブストーリーを予告する。

イ・チェミンは、実業団ユニスの所属選手イ・ジホ役を演じる。料理が好きで、バドミントンでお金を貯め、食堂を作るのが人生の目標だ。ただ末っ子だという理由だけで押し付けられる雑用は断る“最近の末っ子”だが、パク・テジュンとルームメイトになってからは屈辱的な末っ子生活が始まる。

イ・チェミンは2021年、ドラマ「ハイクラス」でデビューし、189cmの長身と彫刻のようなビジュアルで注目を浴びた。その後、ハイティーンロマンス映画「私たちは毎日毎日」の主人公を演じた彼は、「君へ行く速度493km」にキャスティングされ、多彩なフィルモグラフィを作っている。今回の作品ではバドミントン選手を演じるだけに、バドミントンのトレーニングにまい進し、情熱的に作品を準備したという。

イ・チェミンが憎めない可愛い魅力とチェ・ジョンヒョプとのティキタカ(相性が良く、ポンポンとやり取りする様子)ラリーのケミ(ケミストリー、相手との相性)で視聴者を魅了することができるだろうか、これからが注目される。

KBS 2TVの新ドラマ「君へ行く速度493km」は、映画「正直な候補」とドラマ「明日、キミと」を執筆した脚本家のホ・ソンヘと、ドラマ「ジャスティス -検法男女-」「ドラマスペシャル‐真夏の夜の夢」を演出したチョ・ウンプロデューサーがタッグを組んだ作品で、韓国で2022年上半期に放送される。

記者 : チャン・ウヨン