カン・ハヌル&ハン・ヒョジュ&クォン・サンウら出演、映画「パイレーツ2」メインポスターを公開

MYDAILY |

写真=ロッテエンターテインメント
独特な題材、スペクタクルな見どころ、人気俳優たちの豪華共演で期待を高めている映画「海賊:鬼旗」(以下「パイレーツ2」)が、史上最高のアドベンチャーを予告するメインポスターを公開した。

韓国の娯楽映画史の1ページを刻んだ「パイレーツ」の続編である本作は、消えてしまった高麗(コリョ)王室の最後の宝物を手に入れるため、海に集まった海賊たちのスペクタクルなアドベンチャーを描く。

今回公開されたメインポスターは、消えた王室の宝物を探しに出た海賊と義賊、逆賊が圧倒的なオーラを放ち、目を奪った。まず、余裕のある表情が際立つ自称“高麗一の武士”で義賊団の頭であるムチ役のカン・ハヌルは、キャラクターの豪放な勢いがそのまま感じられる姿で注目を集めた。

また、カリスマ性を披露するヘラン役のハン・ヒョジュは、海賊船の主としての存在感をアピールし、目を引いた。さらに、野望に満ちた目を輝かせ、海賊王を夢見るマギ役のイ・グァンスと、強烈な存在感を放ち、宝物を狙う逆賊プ・フンス役のクォン・サンウの姿は、宝物をめぐる彼らの避けられない一本勝負を予告し、関心を集めた。

それだけでなく、すべてを飲み込むような荒波にも躊躇なく、その中を横切る海賊船の姿は「消えた宝物、見つけた者が主」というキャッチコピーと相まって、消えた王室の宝物を見つけるために海に出た海賊団の活躍を予告した。このように宝物をめぐる人々の爆発的な相乗効果がリアルに感じられるメインポスターを公開した本作は、唯一無二の海洋アドベンチャーらしい圧倒的な楽しさと見どころで、新年の映画業界を魅了するとみられる。

世代を網羅する人気俳優たちの出会い、そして差別化されたストーリーとスペクタクルなアクションで、最高の面白さを届ける映画「パイレーツ2」は、1月26日に韓国で公開される。

記者 : クァク・ミョンドン