「ショーウィンドー:女王の家」チョン・ソミンを刺した真犯人が明らかに…復讐の始まり

OSEN |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=チャンネルA「ショーウィンドー:女王の家」放送画面キャプチャー
「ショーウィンドー:女王の家」でチョン・ソミンが自身を刺した真犯人に復讐を誓った。

韓国で11日に放送されたチャンネルAドラマ「ショーウィンドー:女王の家」ではユン・ミラ(チョン・ソミン)を刺した真犯人がシン・ミョンソプ(イ・ソンジェ)であることが明らかになった。

ミラを刺した犯人として挙げられたのは、シン・ミョンソプとハン・ソンジュ(ソン・ユナ)の息子のテヨン(パク・サンフン)。しかし、警察は「国立科学捜査研究院によると、(凶器は)このナイフではないという」とテヨンの自白を否定した。

ソンジュは自身の息子がそんなことをするはずがないと思っていたが、ミョンソプは「テヨンは触法少年だから大丈夫」と言い、ソンジュを怒らせた。彼女は事件が起きたリマインドウェディングの日に、ミョンソプのタキシードのポケットのハンカチがなくなったことを思い出し、すぐにミョンソプの書斎に行き、血のついたナイフを見つけた。

病院はソンジュとミョンソプにユン・ミラが目覚めたことを知らせた。ミョンソプはまだ目を覚ましていないミラの酸素飽和度を操作し、「僕のためにどうか行ってくれ」と言い、ミラを殺そうとした。

しかし、ミラは死ななかった。彼女は恋人に裏切られ、悲惨な気持ちで肩を落として屋上に行った。ミラはすべてを覚えていた。リマインドウェディングパーティーの日、ミョンソプはミラに「一体どうして君がここにいるんだ」と怒鳴りつけたのだ。ミラは「行ってない。最初から」とし「私はあなたがいないところにはどこにも行くつもりはない。あなたがいるところが私の居場所よ」と言った。

ミラは「ハン・ソンジュと終わらせて。ナインギャラリーのVVIPの取引内訳の本物、それを渡せばハン・ソジュがあなたと離婚を宣言すると言ってた」と話した。ミラはミョンソプに「私とやり直そう」と言ったが、ミョンソプは応じなかった。それだけでなく、取引の内訳の本物で脅迫するミラを刃物で刺した後、証拠をすり替えた。

ミラは、屋上の欄干に上った。そんなミラを捕まえたのはハン・ソンジュだった。ハン・ソンジュは「結局こうなの?」と叫んだ。彼女は「私の妹のようにあなたもこうして死ぬことですべてを終わらせるの。私だったら悔しくて死ねない!」と叫んだが、ミラは何も言わず、涙を流してただ頭を下げた。

ミョンソプは目が覚めたミラを怖そうに見つめた。しかし、ミラは「何も思い出せない。なぜ私がアメリカに行かず、ここにいるのか」と話し、ミョンソプを安心させた。結局捜査はこれで終結した。

ミョンソプはナインの会長が釈放されたことに気づいた。彼はミラのところを訪れ、「VVIPの取引の内訳の本物、ハン・ソンジュに渡したのか」と言った。しかし、ミラは「何も覚えていない」と頭を抱えて泣き叫んだ。ミョンソプは一日も早く会長になるため助っ人たちを呼び寄せた。

屋上から落ちる直前、ハン・ソンジュのおかげで正気に戻ったミラはその日、復讐を誓った。彼女はソンジュに「私にとってその人は世界の全てだったのに。全部だったのに」と涙を流した。そして「殺す。シン・ミョンソプは私の手で殺す」と言いながら立ち上がった。ソンジュはミラを捕まえ「その人を殺す前にあなたが先に殺される、その人の手で」と言った。

ソンジュは「あなたも、私もシン・ミョンソプにとって愛ではなかった」と話し、「シン・ミョンソプが愛した人は自分自身だけだ」と真実を知らせた。2人は悲しそうに見つめ合い、復讐を誓った。

記者 : オ・セジン