キム・テリ&ナム・ジュヒョク出演、新ドラマ「二十五、二十一」キャラクターポスターを公開

Newsen |

写真=tvN
tvNの新土日ドラマ「二十五、二十一」のキム・テリとナム・ジュヒョクが爽やかな青春を全身で表現したキャラクターポスターを公開し、ハツラツとした雰囲気を伝えた。

韓国で2月12日の午後9時10分に放送がスタートするtvNの新土日ドラマ「二十五、二十一」は、1998年を背景に、夢を奪われた若者たちの迷いと成長を描いたドラマだ。22歳と18歳の時、初めてお互いの名前を呼んだ2人が、25歳と21歳になって愛し合い、共に成長していく姿を描く。恋と友情の間で彷徨い、悩みを分かち合う5人の若者たちのケミ(ケミストリー、相手との相性)まで、純粋だった青春時代の記憶を呼び起こす。

同作はキム・テリ、ナム・ジュヒョク、宇宙少女のボナ、チェ・ヒョヌク、イ・ジュミョンなど、初々しい俳優たちのエネルギー溢れるラインナップで注目を集めている。豊かな感性を誇るのクォン・ドウン脚本家と繊細かつ洗練された演出を披露するチョン・ジヒョン監督が、「恋愛ワードを入力してください~Search WWW~」以来、再びタッグを組み、相乗効果を発揮すると期待されている。

今回は、キム・テリとナム・ジュヒョクが、それぞれナ・ヒド(キム・テリ)とペク・イジン(ナム・ジュヒョク)の魅力を思う存分アピールした2人2色キャラクターポスターが公開され、注目を集めた。自身の部屋のベッドの上でジャンプをし、まるで飛び上がるようなポーズを取っている2人の姿が、ほのかなパステルトーンの背景と調和し、胸の奥に隠された感性を刺激する。

まず、タンチャン高校のフェンシング部の期待の星であるナ・ヒド役に扮するキム・テリは、デニムのオーバーオールを着てハツラツとした雰囲気を放っている。特に、愛らしい満面の笑みを浮かべた彼女の姿の上に「何かを失うには、私は18歳真っ只中だから」という文章が加わり、失敗しても転ばず、諦めることを知らない熱情と覇気に満ちたナ・ヒドの性格が表れている。

通貨危機で倒産した家の長男として一生懸命に生きて、記者になったペク・イジン役に扮するナム・ジュヒョクは、真っ白なTシャツに薄青色のデニムシャツ、ジーパンを合わせた衣装で自由かつラフな雰囲気を披露した。「時代は幸せを奪うことができない」という言葉は、世の中が不安と混乱に満ちていた1998年、試練と危機を乗り越えようとしたペク・イジンの熱い思いが秘められている。

制作会社のHwa&Damピクチャーズは「キム・テリとナム・ジュヒョクのキャラクターポスターには、失敗して挫折しても、それをバネにより高く飛躍する若者たちの姿を盛り込もうと思った。眩しく輝く青春の中でそれぞれ異なる魅力と感性を披露する2人の姿に期待してほしい」と伝えた。

記者 : キム・ミョンミ