イ・サンヨプ、新ドラマ「イブ」に出演決定…ソ・イェジと共演

MYDAILY |

写真=Ungbin ENS
俳優のイ・サンヨプが、ケーブルチャンネルtvN新ドラマ「イブ」(脚本:ユン・ヨンミ、演出:パク・ボンソプ)への出演を確定した。

同作は13年間の設計、人生をかけた復讐、韓国の最上位1%を懲らしめる最も強烈で致命的な高品格の激しいロマンス復讐劇だ。「大切に育てた娘 ハナ」「美女の誕生」「優しい魔女」「ドラマステージ2020-ブラックアウト」「悪霊狩猟団:カウンターズ」などを執筆した脚本家のユン・ヨンミと、しっかりとした演出力が認められたパク・ボンソプ監督のタッグで期待を集めている。

劇中でイ・サンヨプは、韓国が注目する最年少国会議員のソ・ウンピョン役を演じる。ソ・ウンピョンは養護施設出身の秀才で、罪のないイ・ラエル(ソ・イェジ)の家族が踏みにじられるのを見て、強大な力を持つ絶対権力者になることを決心した人物だ。痛ましい過去から立ち直り、成功の軌道に乗れるのか、関心が高まっている。

イ・サンヨプは前作のMBCドラマ「狂わなくては」で、唯一の悪役ハン・セグォンに扮してこれまで見せてきた姿とは全く異なる演技を披露し、「2021 MBC演技大賞」でミニシリーズ部門の優秀演技賞を受賞した。社会的に成功するために欲望を露わにしたハン・セグォンとは正反対に、今回のドラマでは人生観を根こそぎ変えた女性を守るための男性の自己犠牲を見せる予定だ。

これまでジャンルを問わず、充実したフィルモグラフィーを築いてきた彼が代替不可能な魅力と安定した演技力で、もう一度人生に残るキャラクターを更新すると期待を高めている。

「イブ」は韓国で今年上半期に放送される。

記者 : カン・ダユン