「その年、私たちは」チェ・ウシク、キム・ダミに気持ちを伝える

TVREPORT |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=「その年、私たちは」 放送画面キャプチャー
チェ・ウシクがキム・ダミに本音を打ち明けた。

韓国で10日に放送されたSBS「その年、私たちは」では、クク・ヨンス(キム・ダミ)へのチェ・ウン(チェ・ウシク)の告白が描かれた。

同日、カン・チャギョンとともにクク・ヨンスの家に行ったチェ・ウンは、庭の隅にある乾燥したナツメを見て動揺した。これは、クク・ヨンスが不眠症で悩むチェ・ウンのために用意したものだった。

カン・チャギョンは「ヨンスがあなたに何かミスをしたら、それは全部私のせいだから憎まないで。貧乏で自己中になるしかなく育ったから。その子の言葉遣いが憎いのも、性格が短気なのも全部私のせいよ。だから、未熟なところがあってもこのおばあさんのせいにして、あの子を憎んだりしないで」と言った。

「ヨンスはそんなことしないです。そんな子ではない。本当にいい子です。僕には身に余るほどいい子」とチェ・ウンが言うと、彼女は「そんなによく知っているのに、何してるの?」と残念がった。チェ・ウンは「そうですね。僕がみっともないのは知ってるけど、今日ほど最悪な日はなかった」と自責した。

そしてクク・ヨンスに会い「僕だけ愛する君が見たかったみたい。ずっと愛してほしい。離さないで、ずっと愛してくれ。お願い」と涙で訴えた。彼の告白にクク・ヨンスは頷いた。

記者 : イ・ヘミ