「イカゲーム」オ・ヨンス、米ゴールデングローブ賞の助演男優賞を受賞!感謝のコメントも…作品賞&主演男優賞は受賞ならず

MYDAILY |

写真=ゴールデングローブ、Netflix
Netflixオリジナルドラマ「イカゲーム」でオ・イルナム役を演じた俳優のオ・ヨンスが、韓国俳優としては初めて、米ゴールデングローブ賞で助演男優賞を受賞するという快挙を成し遂げた。同作のテレビドラマ部門の作品賞、イ・ジョンジェの主演男優賞の受賞は惜しくも不発に終わった。

10日の午前(韓国時間)、米カリフォルニア州ビバリーヒルズで「第79回ゴールデングローブ賞(2022)」が開かれた。今年の授賞式は不正スキャンダルによるボイコットにより、テレビ局やオンラインの生中継もなく、無観客で行われ、受賞者は公式ホームページや公式SNSを通じて発表された。

米ゴールデングローブ賞は、現地で最も権威のあるアカデミー賞(オスカー)授賞式につながる主要授賞式の1つだ。

そのような中、「イカゲーム」は3つの部門にノミネートされて注目を集めた。テレビドラマ部門の作品賞をはじめ、イ・ジョンジェがテレビドラマ部門の主演男優賞、オ・ヨンスが助演男優賞の候補にノミネートされた。

発表の結果、助演男優賞は「イカゲーム」のオ・イルナム役のオ・ヨンスが受賞した。彼は「ザ・モーニングショー」のビリー・クラダップ、「ザ・モーニングショー」のマーク・デュプラス、「キング・オブ・メディア」のキーラン・カルキン、「テッド・ラッソ:破天荒コーチがゆく」のブレット・ゴールドスタインなど、錚々たる候補を抑えて受賞者に選ばれた。特に、“韓国俳優で初”の演技賞受賞であるため、さらに意味深いものとなった。

これに対してオ・ヨンスはNetflixを通じて「受賞の知らせを聞いて、生まれて初めて自分を褒めました」と感想を明かした。

続けて「今や“世界の中の私たち”ではなく、“私たちの世界”です。我々の文化を抱いて、家族に対する愛を胸に、世界中の皆様に感謝致します。美しい人生を生きてください。ありがとうございます」と伝えた。

「イカゲーム」が受賞できなかったテレビドラマ部門の作品賞には「キング・オブ・メディア」が、主演男優賞も「キング・オブ・メディア」のジェレミー・ストロングが受賞した。

・イ・ジョンジェ、米ゴールデングローブ賞で惜しくも受賞ならず…主演男優賞はジェレミー・ストロングが獲得

・「イカゲーム」の“おじいさん”オ・ヨンス、韓国俳優で初!米ゴールデングローブ賞の助演男優賞を受賞

記者 : キム・ナラ