April ナウン、小学生時代のいじめ疑惑はデマ…暴露者が直筆の謝罪文を提出

Newsen |

Aprilのナウンに小学校時代にいじめ被害を受けたと主張したネットユーザーのA氏が、デマの拡散を認めた。

Aprilの所属事務所であるDSPメディアは本日(7日)、公式サイトを通じて「オンラインコミュニティに、ナウンが小学校時代にいじめをしたという主張が掲示された。しかし、これは真実と異なる虚偽事実であるため、これに対して当社は、該当の書き込みをしたA氏を虚偽事実の拡散による名誉毀損で告訴した」と明らかにした。

所属事務所は「当社は、該当の書き込みがデマであることを証明する十分な証拠を確認し、これを捜査機関に提出しており、警察は数ヶ月の捜査の末、A氏に虚偽事実の拡散による名誉毀損の疑いがあることを認めて、A氏を検察に起訴意見で送検した」と説明した。

続けて「A氏は自分の過ちを反省しており、ナウンに謝罪するという意向を継続的に伝えてきた。その後、以下のように謝罪文を作成して提出した。これに対して、彼女はA氏の謝罪を受け入れて、告訴を取り下げることにした」とし、「根拠のない虚偽事実でデマを作成し、これを拡散する行為に対して、善処なく対応する予定だ」と付け加えた。

ナウンは、いじめ加害疑惑に対して全面的に否定してきた。昨年3月、彼女に対する暴露の書き込みを掲載したA氏は、自身がデマを拡散したことを認め、直筆の謝罪文を公開した。

・“いじめ疑惑を否定”April ナウン、実姉がSNSで妹の日記を公開…意味深な文章に関心集中

・April ナウン、いじめ疑惑で新ドラマ「模範タクシー」から降板“すべて再撮影する予定”

【DSPメディア コメント全文】

DSPメディアです。

当社のアーティスト、ナウンのいじめ暴露に関する捜査の結果、およびこちらに対する立場をお伝えします。

3月、某オンラインコミュニティにナウンが小学校時代にいじめをしたという主張が掲示されました。

しかし、これは真実と異なる虚偽事実であり、これに対して当社は、該当の書き込みをしたA氏を虚偽事実の拡散による名誉毀損で告訴しました。

当社は該当の書き込みがデマであることを証明する上で十分な証拠を確認し、これを捜査機関に提出しており、警察は数ヶ月の捜査の末にA氏に虚偽事実の拡散による名誉毀損の疑いがあることを認めて、A氏を検察に起訴意見で送検しました。

一方で、A氏は自分の過ちを反省しており、ナウンに謝罪するという意向を継続的に伝えてきており、以下のように謝罪文を作成して、彼女に伝えてきました。

これに対して、ナウンはA氏の謝罪を受け入れて、告訴を取り下げることにしました。

変わらない支持と共に、長い時間待ってくださったファンの方々にこのようにお伝えします。

なお、当社は根拠のない虚偽事実でデマを作成して、これを流す行為に対して、善処なく対応する予定です。

ありがとうございます。


【A氏の謝罪文 全文】

謝罪文

こんにちは。私は2021年3月1日、Nate Pannに「April ナウンのいじめ」というタイトルで、ナウンが小学校時代にいじめをしたという内容の書き込みを作成しました。

しかし、私が事実として書いたその文章の内容はすべて虚偽事実であり、私を含むいかなる被害者も存在しないだけでなく、ナウンはいじめの加害者ではありません。

小学校時代に静かで存在感のなかった私と比べて、彼女はたくさんの友達と触れ合って、いつも明るく活発に行動するのが羨ましく、そのようなナウンに引け目を感じていました。

そして私は、事実と全く関係ない文章を、まるで本当に自分が経験したことかのように伝えて、ナウンと彼女の所属事務所に対して、あまりにも大きな過ちを犯しました。

これまで多くのコメントを見て、状況の深刻性を認識し始め、もっと早くこの文章をお伝えして、大きな迷惑をかけないようにすべきでしたが、一瞬の過ちによって、私の手に負えないほど大きな問題になってしまい、怖くなって、文章を書くことができずにいました。

一日も早く、この文章を作成すべきだったのですが、遅くなってしまい、本当に申し訳ありません。

この事件の最大の被害者であるナウンに謝罪の意を伝えており、大きな被害を受けたにもかかわらず、彼女は告訴を取り下げてくれました。

それでも、自分の過ちが消えるわけではないことをよく知っています。今回のことによって、ほんの小さな嘘でも、他人に大きな被害を与える可能性があることを知りました。ネットに軽く上げる文章の怖さを身にしみるほど感じたため、二度とこのようなことがないようにします。本当に申し訳ありません。

もう一度、自分が作成した虚偽事実の文章によって、大きな被害を受けたナウンとDSPメディア、そして大きく混乱させてしまったであろう、彼女のファンの方々に心からお詫び申し上げます。

生涯反省しながら生きていきます。誠に申し訳ございません。

記者 : ファン・ヘジン