シン・ヒョンビン、新ドラマ「怪異」について言及“これまでとは異なる姿が確認できるはず”

MYDAILY |

写真=「ELLE KOREA」
女優のシン・ヒョンビンが次回作への期待を呼びかけた。

ファッション雑誌「ELLE」を通じて公開されたインタビューで彼女は、JTBC水木ドラマ「あなたに似た人」の放送終了に対する惜しい気持ちを伝えた。「事前制作のドラマは初めてなので、撮影を終えても実感が湧きませんでしたが、最終回を観たら、また感情がこみ上げてきました。この作品を通じて人間関係、それぞれの立場を考えるようになりました。誰一人切なくない人物がいませんでした。皆にとって良い人、もしくは悪い人っていないじゃないですか。『あなたに似た人』を通じて人に対する深い理解を得たような気がします」と語った。

劇中の人物と同じく、美術を専攻したが、女優に転身したというシン・ヒョンビンは「辞めようと思わなかったことも、思い通りにならない瞬間でも、もっと頑張りたいと思ってその次を考えることも、全てがこの仕事を愛しているという証拠です」と述べ、女優という職業に対する愛情を示した。

次回作であるドラマ「怪異」については、「きっと新鮮な物語になると確信しています。シン・ヒョンビンのこれまでとは異なる姿を確認できるはずです」と明かし、期待を高めた。

彼女は冬の肌管理の秘訣について言及した。「意外に分かりきった方法がよく通じるほうです。暖かいお茶や水をよく飲み、乾燥していると感じたら随時保湿クリームを塗ります。コーヒーは好きですが、カフェインはできるだけ摂取しないようにしています」と伝えた。

記者 : イ・スンギ