「メランコリア」イム・スジョン&イ・ドヒョン、スキャンダルの真実を明かす

TVREPORT |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=tvN「メランコリア」画面キャプチャー
イム・スジョンがスキャンダルの発端になった試験紙流出の件でチン・ギョンを圧迫した。

韓国で23日に放送されたtvN 「メランコリア」では、ジョンア(チン・ギョン)に向けたユンス(イム・スジョン)の復讐が描かれた。

この日、警察の調査を受けていたジョンアは“味方”であるミョンジン(アン・サンウ)ではない、ユンスの登場に慌てた。この場でユンスは、過去にイェリン(ウ・ダビ)の試験紙流出に関連して成績管理委員会が召集され、再試験を行ったことに対する全ての記録が残っていると言いながら手記ノートを証拠として提出した。

これは当時教頭だったソンハンが作成したものだ。イェリンの父ミンジュン(チャン・ヒョンソン)は「僕は知らないことでした。僕は何も聞いてないし、知っていることもありません」と手を引こうとした。

一方、ジョンアは崖っぷちに立たされた状況でも「やっと始まりですか?」と強いふりをした。ユンスは「もう終わりだと思いますが? 以前、あんなこと言ってましたよね。私たち同じじゃないかって。そうです。あなたのようにしようとしました。人を壊すには、あなたのように生きればいいんです。でも守りたいものがある人はそんなふうに生きてはいけません」と一喝した。

「それで私とは違うようにできそうですか?」というジョンアの質問には「私よりは、あなたの結果が気になりますね。欲しいものを最後まで守り切れるか」と一蹴した。

一方、同じ時間、ミョンジンはスンユ(イ・ドヒョン)と一緒に試験紙流出事件に絡んだ全貌を明かした。この席でスンユは「この全ての因果関係に基づき、ソン・ミンジュンとノ・ジョンアが答案流出事件を隠すためにチ・ユンスと僕を罠に嵌めました」と主張した。

記者 : イ・ヘミ