ウォン・ジナ、Netflix「地獄が呼んでいる」で母親役に挑戦“出番が少なくても出演したいくらい魅力的だった”

Newsen |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=Yooborn Company、Netflix
女優のウォン・ジナがNetflixシリーズ「地獄が呼んでいる」(監督:ヨン・サンホ)で全世界の視聴者に強烈な印象を与えた。“母性愛”を実際に経験したことがないため、ほとんど想像に任せて演じるしかなかった中、彼女は極限状況に直面した人物の立体的な姿を描いた。

11月19日に公開されたNetflixオリジナルシリーズ「地獄が呼んでいる」は、突然目の前に登場する地獄からの使者に会った人々が、“地獄行きの宣告”を受けて、超自然的な現象が発生するようになった混乱を描く。そのような中、復興したインチキ宗教団体の新真理会と事件の実態を暴こうとする人々が絡み合い、繰り広げられるストーリーが注目を集めた。

ウォン・ジナは生まれたばかりの自身の赤ちゃんが地獄行きの告知を受けると、夫のペ・ヨンジェ(パク・ジョンミン)と一緒に赤ちゃんを守るため奮闘するソン・ソヒョン役を演じた。以下は、ウォン・ジナの一問一答である。

――「地獄が呼んでいる」が今、全世界で注目されています。感想と周囲の反応を聞かせてください。

ウォン・ジナ:楽しく作ってたくさん努力した作品ですが、幸いなことに、多くの方に楽しんで頂いて感謝しています。周りからも面白かったという反応が出ています。

――この作品のどのようなところに魅力を感じて出演しましたか?

ウォン・ジナ:ウェブ漫画を読んでいない状態で台本をもらって読みましたが、とても面白かったです。本当に出番が少ない役でも、一度出演してみたいと思うほど魅力的でした。ヨン・サンホ監督が演出されるからこそ、映像化が可能な新しい世界観だと思いました。

――ヨン・サンホ監督とは初めて息を合わせたと思いますが、一緒に作業した感想はいかがですか?

ウォン・ジナ:暗くてメッセージ性の強い作品の現場とは思えないほど、いつも笑いが絶えない現場でした。感情的なシーンが多く、撮影する時はエネルギーを奪われて疲れるのではないかと不安でしたが、逆に監督が気持ち良いエネルギーをたくさんくださって、それほど苦労せずに楽しく撮影出来ました。

――「地獄が呼んでいる」はNetflixのオリジナルシリーズの中で世界1位になるなど、注目されています。これほどの成果を予想しましたか?

ウォン・ジナ:作品が全体を通じて暗く、年齢制限もあるので、これほど注目を集めるとは予想できませんでした。実感が沸いてきませんが、多くの方が楽しく見てくださって、本当に嬉しいですし、感謝しています。予想できなかった反応でした。

――劇中でソン・ソヒョンは赤ん坊がいる母です。生まれたばかりの子どもを失ってしまう感情をどう表現しましたか?

ウォン・ジナ:実際には経験したことのないことですし、似たような経験をした方が私の周りにはいませんでした。台本を見た時、「私だったら、どうやってその状況を受け入れるだろうか」と、たくさん想像して考えました。とにかく、トゥントゥン(赤ちゃんの名前)が実在するとたくさん想像しました。

――まだ未婚なのに母性愛を表現するのが大変だったと思いますが、いかがでしたか?

ウォン・ジナ:一人でするのだったら、想像するのも難しかったと思います。現場に行くと、頭の中で描いていた雰囲気を素晴らしく再現してくださっていて、私が集中できるように気を配ってくださいました。一緒に出演する先輩たちもベテランで、キャラクターに没入感を持って現場に来ていらっしゃったので、その雰囲気の中で集中することができました。

――怪生命体が赤ちゃんに飛びかかる時、身を投げるシーンが印象的でした。この作品を通じて、子供への母の心についてもう一度考えるきっかけになったと思います。

ウォン・ジナ:与えられた状況の中で、私が抱く感情は何だろうかと、いつも考えていました。怪物が赤ちゃんに飛びつく時、ソヒョンは最初からそのように行動するだろうと思っていました。子どもを救うという考えよりも、子どもを一人で寂しく送ることはできないだろうと思いました。子どもへの母親の心は驚異的なもので、想像だけでは計り知れません。私の周りにいる大切な人に、何かあった時に力になってあげなければならないし、現実的にできる全ての方法を探して、最善を尽くさなければならないと思いました。

――メッセージ性が強い「地獄が呼んでいる」を通じて、再び考えた問題などはありますか?

ウォン・ジナ:告知を受けなくても、混乱した社会で苦しんでいるとそこが地獄になるかも知れないと思いました。「地獄が呼んでいる」では新真理会という集団が世界を掌握し、社会のリーダーになりました。逆に考えると、このような状況の中でも、多数が告知を受けた人々を保護したり、家族を失った人々に配慮して多様な社会制度ができて、人々にとって温かい方向に流れていたら、社会が地獄のように感じられることはなかったのではないかと思いました。この作品を通じて、社会に属している「私」という人がどのように是非の判断をするだろうか、また「自分のことではない」とそっぽを向かない人生を選択する人が多くなれば社会は変わるだろうか、と少し考えるきっかけになりました。

――最近、Netflixでよい成果を上げている作品を含め、韓国の俳優たちが海外で精力的に活動しています。もしラブコールを受けたら海外でも活動する計画はありますか?

ウォン・ジナ:私が住んでいる韓国でもまだ学ばなければならないことが多いですし、もう少ししっかり定着しなくてはと思いますが、新しいことが好きな私の性格を考えれば、ラブコールが来たら、活動するかもしれません。いつ来るか分からないチャンスだと思うので、全ての新しい経験にチャレンジしたいです。

――「地獄が呼んでいる」を見ていない視聴者に見どころを教えてください。

ウォン・ジナ:周りでご覧にならなかった方々の話を聞くと、怖いものが苦手だから見るのが難しいと言われました。しかし、恐怖だけではありません。本作を通じて、最後には希望も見いだせると思います。様々な感情を抱くことができますし、会話できる題材も多いので、恐れず気軽にアプローチしてみてください。

記者 : イ・ハナ