ムン・ソリ「第22回 今年の女性映画人賞」で演技賞を受賞…映画「三姉妹」でトリプルクラウン達成

MYDAILY |

ムン・ソリが受賞のニュースを伝えた。

彼女は韓国で16日に開催された「第22回 今年の女性映画人賞」に出席し、映画「三姉妹」で演技賞を受賞した。これで「第41回 韓国映画評論家協会賞」「第42回 青龍(チョンリョン)映画賞」に続き、映画「三姉妹」で今年3度目の受賞を記録して、“トリプルクラウン”を達成した。

ムン・ソリは受賞直後「感謝したい方々が多いです。今日いただいた大事なトロフィーが、家にいくつかあります。この火の形のトロフィーがずっと変わらないでほしいです。この火が一つ、二つ集まってもっと大きな火になるようです。私が女性映画人としてやるべきことは何なのか、後輩の女性映画人たちにとってどんな先輩になるべきか、この火が心の中、頭の中を明るくしてくれる時が多いです。明るい火をもっと育てて、前に進んでいきます。よろしくお願いします」と受賞の感想を伝えた。

ムン・ソリは受賞をはじめ、今年の女性映画人賞の授賞式でMCも務めた。彼女は進行の実力はもちろん、センス溢れるコメントとユーモラスさまでアピールして、現場の雰囲気を盛り上げた。

ムン・ソリは映画「三姉妹」で、次女のミヨン役に扮して抜群の演技力と完璧なキャラクターの表現力で代替不可能な存在感を発揮した。「三姉妹」は、外見は問題がないように見えるが、見せかけの性格、小心な性格、トラブルメーカーの3姉妹で、周りに言えなかった過去を打ち明けることから始まる物語を描いた作品だ。ムン・ソリは主演をはじめ、共同プロデューサーとしても活躍して同僚俳優、制作陣と共に映画を完成させた。

今年、彼女は忙しい一年を過ごした。8月、ムン・ソリは韓国で放送されたMBC水木ドラマ「狂わなくては」で根性のあるワーカホリックの人事チームのタン・ジャヨンに変身し、完璧な好演でレジェンドキャラクターを更新した。また、映画「三姉妹」のシナリオから制作過程、インタビューを盛り込んだ「三姉妹の物語」と、愛犬タルマの話を盛り込んだ「3本足の散歩」を発刊するなど活発に活動した。

彼女の活躍は、2022年も続く。ムン・ソリはNetflix「ソウル大作戦」と「クイーンメーカー」の出演を伝え、世界中の視聴者に会う予定だ。

記者 : クァク・ミョンドン、写真 : ソン・イルソプ