コ・ギョンピョ、新型コロナウイルスから回復…Netflix映画「ソウル大作戦」の撮影も再開へ

Newsen |

写真=Newsen DB
俳優のコ・ギョンピョが、新型コロナウイルスから回復した。

12月9日、コ・ギョンピョの所属事務所CL&COMPANYは「コ・ギョンピョが、新型コロナウイルス完治の判定を受け、隔離も解除された」と明らかにした。

先立って、彼は11月30日に新型コロナウイルス陽性の判定を受けた。コ・ギョンピョは、2回目のワクチン接種も完了していたが、ブレークスルー感染であるという。

コ・ギョンピョのコロナ感染によって中止となっていたNetflixオリジナル映画「ソウル大作戦」の撮影も再開される。

先立って、NetflixはNewsenとの取材で「コ・ギョンピョが陽性判定を受けたという話を聞いた直後、安全のため予定されていた撮影日程を直ちに取り消し、全員を対象にPCR検査を行っている。その後の日程は防疫当局の指針に従って行う予定だ」と明らかにした。

「ソウル大作戦」は1988年のソウル五輪の開幕式当日、VIPの秘密資金捜査作戦に投入されたソウル上渓洞(サンゲドン)のシュプリームチームの快速疾走を収めたカーチェイスアクション大作だ。ユ・アイン、コ・ギョンピョ、イ・キュヒョン、パク・ジュヒョン、Wanna One出身のオン・ソンウ、キム・ソンギュン、チョン・ウンイン、ムン・ソリらが出演する。

記者 : パク・ウネ