GOT7のJAY B&パク・ジェボムら、FORCEPARKBOISとコラボ!「LOTUS」のリミックス映像を公開

Newsen |

写真=H1GHR MUSIC
H1GHR MUSICが、「LOTUS(H1GHR Remix)」映像で、もう一度世界のファンを魅了する。

グローバルヒップホップレーベルH1GHR MUSICは8日0時には、新曲「LOTUS(H1GHR Remix)」をサプライズ公開した。

「LOTUS(H1GHR Remix)」はH1GHR MUSICと、Warner Music Label所属のFORCEPARKBOISが協議した上で製作したリミックス映像である。

この映像には、H1GHR MUSIC所属のアーティストのパク・ジェボム、pH-1、GOT7のJAY B、Woodie Gochild、BIG Naughty、TRADE L、J-Minのほかにも、スペシャルアーティストとしてパク・ヒョンジンが参加している。

原曲を歌ったFORCEPARKBOISは、マレーシアの15人組ヒップホップグループで、今年2月「LOTUS」という曲でデビューし、Spotifyでの再生回数100万回、YouTube再生回数1500万回を記録するなど、海外のヒップホップシーンで存在感を見せ、多くの関心を集めている。

特に「LOTUS(H1GHR Remix)」映像は、韓国国内外のトップクラスのヒップホップアーティストたちがタッグを組んだという点で意味がある。映像はH1GHR MUSICの赤いロゴと、赤い照明が、シンプルながらも強烈な印象を残した。これまでの「LOTUS」とは違うカラーで新しい魅力をアピールし、ヒップホップファンの好奇心を刺激している。

H1GHR MUSICの代表パク・ジェボムは、今回のリミックスの誕生について「個人的にFORCEPARKBOISのJoe Flizzowと親交がある。僕たち2人は、アジアのヒップホップシーンでそれぞれアーティストたちがお互いの音楽と文化を支持し、人々に感動を与え、一緒に芸術をやっていくことで意見が一致した。今回のH1GHR MUSICのリミックスが、我々の目標に相応する橋渡し役ができるんじゃないかという思いからプロジェクトを準備することになった」と明らかにした。

H1GHR MUSICは、今年韓国観光公社「Feel the Rhythm of KOREA(韓国のリズムを感じよう!)」シーズン2のキャンペーンに参加して、K-ヒップホップと民謡のコラボでブームを巻き起こした楽曲「MUDMAX (Seosan)」など、印象的な活動を繰り広げて世界中のファンから関心を集めている。

韓国のヒップホップのカッコよさと音楽を、韓国国内外に知らせているH1GHR MUSICは、所属アーティストたちも完成度の高いアルバムと活発な活動を繰り広げ、ヒップホップシーンで好評を得ている。

記者 : ファン・ヘジン