“日本人も所属”Kep1er、スタッフのコロナ感染によりデビューが急遽延期に…メンバーもPCR検査

Newsen |

写真=WAKEONE、SWINGエンターテインメント
Kep1erのデビューが延期となった。

所属事務所は5日、公式報道資料を通じて「Kep1erのデビュー日が延期になった」と明かした。Kep1erは当初、12月14日に正式デビューし、2年6ヶ月間さまざまな活動を行う予定だった。

続けて「4日の午前、Kep1erの現場スタッフのうち1人が新型コロナウイルスに感染した。該当のスタッフにコロナと疑われる症状が現れてすぐ、アーティストは自主的にPCR検査を行い、全員が陰性判定を受けた。現在、メンバーに発熱・呼吸器疾患など感染症と疑われる症状は現れていない」と説明した。

また「現在まで追加の感染者はおらず、まだ結果が出ていない人員はすべて隔離された状態だ」とし「メンバーとスタッフの健康と安全を最優先に考慮し、現在予定されているスケジュールを全面的に中断した。これを受け、Kep1erの活動スケジュールは延期が避けられない状況だ。デビューを待ってくださったファンの皆さん、すべての関係者の皆さんに申し訳ない」と述べた。

Kep1erは、10月22日に韓国で放送を終えたMnetサバイバル番組「Girls Planet 999:少女祭典」を通じて誕生したグループで、TOP9に選ばれたキム・チェヒョン、ヒュニン・バヒエ、チェ・ユジン、キム・ダヨン、ソ・ヨンウン、カン・イェソ、江崎ひかる、坂本舞白、シェン・シャオティンの9人で構成されている。

・Kep1er、12月10日よりグローバルプラットフォーム「UNIVERSE」に合流…世界中のファンと交流

・正式デビュー前のKep1er、aespaが出演決定!「2021 MAMA」豪華12組を発表…日本からはJO1、INIも

【WAKEONE、SWINGエンターテインメント 公式コメント全文】

こんにちは。WAKEONE、SWINGエンターテインメントです。

今月の14日にデビューを控えていた弊社の所属アーティスト、Kep1erの活動スケジュールの延期をお知らせいたします。

4日の午前、Kep1erの現場スタッフの1人が新型コロナウイルスに感染しました。該当のスタッフに感染症が疑われる症状が現れてすぐに、アーティストは自主的にPCR検査を行い、全員が陰性と判定されました。現在、メンバーに発熱、呼吸器系疾患など感染症の疑いの症状は出ていません。

関連スタッフも全員検査を受けた状態で現在まで追加感染者はおらず、まだ結果が出ていない人員は全員隔離された状態です。

メンバーとスタッフの健康と安全を最優先に考慮し、現在予定されているスケジュールを全面的に中断したところ、Kep1erの活動スケジュールは延期が避けられない状況です。彼女たちのデビューをお待ちいただいたファンの皆様と関係者の皆様に申し訳ない気持ちをお伝えするとともに、活動再開のスケジュールは後日改めてご案内いたします。

弊社はアーティストとスタッフが最も安全な環境で活動できるよう最善を尽くします。保健当局の指示に積極的に協力します。

ありがとうございます。

記者 : ファン・ヘジン