新ドラマ「その年、私たちは」キム・ダミ、チェ・ウシクが出演の決め手に?“3年ぶりだったけれど気楽に撮影”

MYDAILY |

写真=SBS「その年、私たちは」
初恋の逆走ロマンスが始まる。

本日(1日)午後、SBS新月火ドラマ「その年、私たちは」(脚本:イ・ナウン、演出:キム・ユンジン)のオンライン制作発表会が行われ、キム・ユンジン監督と俳優のチェ・ウシク、キム・ダミ、キム・ソンチョル、ノ・ジョンウィが出席した。

同作は、別れた恋人たちが高校時代に撮影したドキュメンタリーが突然人気を博し、強制的に再会することになったことで繰り広げられる、若者たちの初恋逆走行ロマンスだ。「本当に最悪だった。もう二度と会わない!」という別れで終わるはずだった縁が、再び絡み合い経験する複雑な感情が率直に描かれる。

キム・ユンジン監督は「企画段階から初夏というキーワードに集中しました。4人の若者に関する物語です」とし「チェ・ウシクとキム・ダミが出演してくださったら、想像を超えるストーリーが誕生するだろうという期待がありました。出演オファーをしながらも心配していましたが、ありがたくも2人とも出演を決めてくれました」と説明した。

チェ・ウシクは「その年、私たちは」で4年ぶりにドラマに復帰する。彼は最高の人気と成功を手にしたビルイラストレーターのチェ・ウン役に扮する。

彼は「このキャラクターを通じて、2つの魅力を見せることができると思います」とし「欲がないキャラクターで、ダラダラしているように見えますが、たまに鋭い集中力も発揮します」と説明した。また「役割をどれだけよく表現できるのかが、作品の選択基準です。キャラクターから監督と脚本家のエネルギーが感じられましたし、別のキャラクターとのシナジー(相乗効果)もよさそうで出演を決心しました」と出演の理由を明かした。

キム・ダミは休まず走ってきた現実主義者の広報専門家クク・ヨンス役を演じる。映画「魔女」のク・ジャユン、ドラマ「梨泰院(イテウォン)クラス」のチョ・イソまで、強烈なキャラクターを演じてきた彼女は、ギャップのある魅力を披露する予定だ。彼女は「前作で強いキャラクターをたくさん務めてきたので、現実的なキャラクターに挑戦したいと思っていました。ラブコメディにも挑戦してみたかったけれど、ちょうど台本を読んで面白そうだと思って出演を決心しました」と述べた。

特にチェ・ウシクとキム・ダミは映画「魔女」以来、3年ぶりに再会することになった。

キム・ダミは、3年という時間はそれほど長く感じられなかったという。「チェ・ウシクさんの出演ニュースが、この作品を選択するもう一つの理由でした。現場で親しくなる必要がなく、撮影初日から気楽な雰囲気で撮影に臨めました」と語った。

チェ・ウシクはキム・ダミとのケミ(ケミストリー、相手との相性)について「99点」と伝えた。彼は「3年ぶりに再会しましたが、ずっと一緒に撮影してきたような感覚でした。お互い、台本通りに演じなくても、問題ないくらいスムーズでした」と明かした。しかし、1点が足りない理由を聞くと、困惑した姿を見せて笑いを誘った。

キム・ダミは笑顔で「私は100点にしようと思っていたのですが、チェ・ウシクさんに合わせて99点にします。わざわざ言わなくても、直感的に分かりあえます。自然な流れで演技することができて良かったです」と撮影の当時を思い出した。

「その年、私たちは」は、韓国で今月6日の午後10時より放送を開始する。

・チェ・ウシク&キム・ダミ出演、新ドラマ「その年、私たちは」予告映像を公開…元恋人と再会?

・BTS(防弾少年団)のV、新ドラマ「その年、私たちは」のOSTに参加!親友のチェ・ウシクを応援

記者 : オ・ユンジュ