ONF、6thミニアルバム「Goosebumps」ハイライトメドレーを公開…彼らの世界観に高まる期待

OSEN |

写真=WMエンターテインメント
“名曲マッチプ(美味しいお店)”のONFがさらに強烈な没入感で今冬、音楽界を盛り上げる。

所属事務所のWMエンターテインメントは本日(30日)、公式SNSチャンネルにONFの6thミニアルバム「Goosebumps」のハイライトメドレーを公開した。

公開された映像の中にはタイトル曲「Goosebumps」と「Whistle」「Fat And Sugar」「Alarm」「Show Must Go On」など、デビューアルバムから一緒に作業してきたプロデュースチームMonotreeと共にした5曲のプレビューが盛り込まれている。特にタイトル曲「Goosebumps」をはじめ、「Whistle」「Fat And Sugar」「Show Must Go On」の4曲はメンバーMKが自ら作曲に参加し、楽曲の完成度を高めた。

6thミニアルバム「Goosebumps」のタイトル曲「Goosebumps」はオルタナティヴパンクジャンルをベースに、K-POPだけのサウンドを込めたダンスナンバーだ。従来のポップ音楽から外れたユニークな楽曲で、ONFのより拡張した世界観とアイデンティティを込め、期待が高まっている。

さらに、猫になる呪いにかかった人の話を盛り込んだミディアムテンポの楽曲「Whistle」、“多くの人が言うこととは逆に、時には有害なのがいい”というテーマのクセになるパンクヒップホップジャンルの楽曲「Fat And Sugar」、デビューアルバム「ON/OFF」に収録されたバラード曲「If We Dream」に続く内容の「Alarm」、曲名通りこれからも絶え間なく走るというONFの次のチャプターのためのオープニング曲「Show Must Go On」まで、ONFの世界観をそのまま見せてくれる多彩な楽曲が収録された。

ONFは、今年8月にリリースしたサマーポップアップアルバム「POPPING」のタイトル曲「POPPING」で韓国の主要音楽配信チャート1位を獲得すると共に、米ビルボードの「ワールドデジタルソングセールス」で2位、iTunesワールドワイドソングチャートとK-POPチャートで7日間1位になり、世界から注目を集めた。この他にもミュージックビデオの再生回数が最短で1000万回を突破するとともに初動売上の自己最高記録を更新するなど、大ブレイクを果たした。

ONFは12月3日午後6時、各音楽配信サイトで6thミニアルバム「Goosebumps」を発売する。

記者 : チ・ミンギョン