Red Velvet ジョイ、新ドラマ「一人だけ」スチールカットを公開…明るい表情

Newsen |

写真=キーイースト、JTBCスタジオ
「一人だけ」で、Red Velvetのジョイの活躍が期待される“ホット”インフルエンサーとしての姿が公開された。

JTBCの新月火ドラマ「一人だけ」(脚本:ムン・ジョンミン、演出:オ・ヒョンジョン)は、ホスピスで会った3人の女性が、死ぬ前に“悪いやつ”を一人だけ連れて行くと宣言するが、人生で本当に大切な“一人”に向き合うことになるヒューマン恋愛ドラマだ。

明るいエネルギーで人々から愛されているジョイは、人生の絶頂期に余命を宣告されたSNSインフルエンサーのソン・ミドに変身する。ソン・ミドは、人生がわずかしか残っていないことを知った瞬間にも、医者の眼差しや感情を汲むほど、他人の視線を最も意識している人物だ。その後、鏡の前で泣きながら、気に入った角度で写真を撮って、SNSに余命を宣言されたことを知らせ、ホスピス「朝の光」での暮らしを堂々と記録していく。しかし、その裏には誰も知らない寂しさが潜んでいるという。彼女が持つ痛みとは何か、またどのような変化を見せるのか、好奇心がくすぐられる。

スチールの中の魅力的なルックスと明るい笑顔、華やかなスタイルは、インフルエンサーのビジュアルそのものだ。人生の絶頂期で迎えた余命宣言と、それによって徐々に死に近づいていく姿、同時に全く予測できなかった事件と絡み合いながら明るみに出るソン・ミドの複雑な感情を繊細に表現していくジョイのイメージチェンジに期待が高まっている。

製作陣は「ソン・ミドは、目に見えるビジュアルだけでなく、人間的な魅力も多い人物だ」と紹介した。考えや感情が表情と口調にそのまま現れ、誰よりも素直な様子は、愛おしく思えるという。続けて「たまに気の利かない一言をいう憎たらしい一面もあるが、憎むことができないのがミドだけの魅力だ」とし、「ミドのこのようなキャラクターがジョイという女優に出会って、どのような相乗効果を生み出すのか、多くの期待と関心をお願いしたい」と伝えた。

韓国で12月20日の午後11時にJTBCで放送がスタートする。

記者 : ペ・ヒョジュ