イ・グァンス&AOA ソリョン&チン・ヒギョン、新ドラマ「殺人者の買い物リスト」に出演決定…韓国で2022年に放送予定

MYDAILY |

写真=各事務所
俳優のイ・グァンス、AOAのソリョン、チン・ヒギョンが、ケーブルチャンネルtvN新ドラマ「殺人者の買い物リスト」(脚本:ハン・ジワン、演出:イ・オンヒ)への出演を確定した。

同作は、ソウル郊外のマンション近くで謎の死体が発見されると、母親が運営するMSスーパーのインターンであるアン・デソン(イ・グァンス)、町の巡査ト・アヒ(ソリョン)、アン・デソンの母親チョン・ミョンスク(チン・ヒギョン)がスーパーの領収証を基に繰り広げるコミカルな推理ドラマだ。

映画「探偵なふたり:リターンズ」「女は冷たい嘘をつく」などを演出したイ・オンヒ監督と、ドラマ「ウォンテッド~彼らの願い~」「私だけに見える探偵」などを執筆した脚本家のハン・ジワンが出会い、殺伐とした殺人事件にコミカルな要素を加える予定だ。ここに、個性豊かな魅力と安定した演技力を兼ね備えたイ・グァンス、ソリョン、チン・ヒギョンが出演を確定し、シナジー(相乗効果)を発揮するものと期待される。

イ・グァンスはかつては暗記の天才だったが、現在は3年も9級公務員試験に落ち続けているMSスーパー社長の息子アン・デソン役を務める。アン・デソンは、全く役に立ったないディテールな観察力、脳の容量だけを占める抜群の記憶力、不義を見ても逃げられないほど気が小さい人物だ。10歳の時、MSスーパーで経験した事件により人生が複雑になり始める。

映画「シンクホール」「探偵なふたり:リターンズ」とドラマ「ライブ~君こそが生きる理由~」「サウンド・オブ・ハート」などを通じて、特有の愉快な魅力が加わった吸引力のある演技力で人々に愛されているイ・グァンスが披露する熱演に関心が高まっている。

ソリョンはオドン交番の熱血巡査であり、アン・デソンの恋人ト・アヒ役を演じる。ト・アヒは幼い頃から一途にアン・デソンを想い続ける人物で、彼の母親であるチョン・ミョンスクと共にアン・デソンの心強い助っ人である。そんな中、マンションの近くで謎の殺人事件が発生すると、彼女は自ら犯人を探すために動き出す。ドラマ「私の国」「昼と夜」で安定的な演技力を認められた後、女優としての真価を証明したソリョンが、不義を見れば我慢できない情熱溢れる巡査として披露する姿に期待が高まる。

チン・ヒギョンはMSスーパーの社長であり、アン・デソンの母親チョン・ミョンスク役を演じる。チョン・ミョンスクは無能だがハンサムな夫を愛し、馬鹿のようだが人間味溢れる息子を愛している。特に、小さな町のスーパーを立派な2階建てのビルに売っていないものがないスーパーとして、成長させた恐れることのない人物だ。ドラマ「私たち、恋してたのかな?」「なんとなく家族」などで積み上げてきた演技で視聴者を魅了したチン・ヒギョンが、MSスーパーの社長として見せるカリスマ性溢れる姿に注目が集まっている。

制作陣は「イ・グァンス、ソリョン、チン・ヒギョンの3人を主演としてキャスティグすることができ、とても心強い。これまで見たことのないスーパーヒーローズが愉快な笑いと殺伐とした緊張感を同時に提供する予定なので、期待してほしい」と伝えた。

「殺人者の買い物リスト」は韓国で2022年上半期に放送される予定だ。

記者 : カン・ダユン