「One the Woman」ソン・ウォンソク、プライベートでの意外な一面を告白“甥が好きすぎて…”

MYDAILY |

写真=Starhouseエンターテインメント
「僕もコミカルな演技ができるんだ。『One the Woman』のおかげで自信がつきました」

最近、SBS金土ドラマ「One the Woman」(脚本:キム・ユン、演出:チェ・ヨンフン)でハン・ソンウン役を演じたソン・ウォンソクとインタビューを行った。

本作は、一夜にして不良検事から財閥家の令嬢に人生がチェンジしてしまった後、財閥家に入った“不良指数100%”の検事のダブルライフコミカルドラマだ。

ソン・ウォンソクは「One the Woman」でハンジュグループの次男であり、カン・ミナ(イ・ハニ)の夫ハン・ソンウン役に扮した。彼は「放送終了となって残念ですが、努力したほど視聴率が高くて幸せです」と感想を伝えた。

彼は「最初から成功しそうだという確信を持っていました。シノプシス(ドラマや舞台など作品のあらすじ)と台本を見て、そう感じたのです。これまで愚直な役割だけ務めてきましたが、ハン・ソンウンは一度も挑戦したことがないキャラクターだったので出演を決心しました」と作品を選択した理由を明かした。

「初対面で監督に、コミカルな様子がちょっと足りないと指摘されました。それで勉強してまた監督に会ったら、コメディが体質だねと言われました(笑)。新しいキャラクターに挑戦してみたいなと思っていたので、良い機会でした。僕は性格が明るいので、コミカルな演技がぴったりだと感じました。そのおかげでコメディーへの自信がつきました」

「撮影現場の雰囲気? 遊びに来たような感じでした」

彼は笑いを我慢するのが大変だったという「One the Woman」の撮影現場についても言及した。ソン・ウォンソクは「気まずい雰囲気は嫌です。『ホン・チョンギ』では感情を抑えないといけなかったので大変でしたが、『One the Woman』ではそんな必要がなくて楽しかったです。特にイ・ハニさんの発言が面白かったです。彼女には申し訳ないですが、笑いを我慢することができなくて後ろを向いて笑ったこともあります。視聴率が高くて、現場の雰囲気はいつも良かったです」と述べた。

夫婦役だったイ・ハニとの共演については「イ・ハニさんは周りの人々を楽にしてくれます。家族のシーンを一緒に撮影したので、親しくなるしかない環境でしたし」とし「最近、こんなコメントを確認しました。僕が『ソンドク(成功したオタク)』だと。過去に『SNL KOREA』でイ・ハニさんのファンとして出演したことがあったのですが、本作で夫役を務めたので『成功したオタク』だと言われました。面白かったです」と笑顔を見せた。

ハン・ソンウン役を演技する時「憎まれたらどうしよう」と悩んだという。これについて彼は「キャラクターについてたくさん勉強しました。最初はピンとこなかったです。憎たらしさと可愛らしさ、その間の中間を探す過程が大変でした」と当時を思い出した。

ソン・ウォンソクが振り返ってみた「One the Woman」の中の自分の姿は、100点満点中49点だった。「満足できません。もう一度撮影したら、もっと楽しく撮影できると思います」と言った彼に、完璧主義者なのかと聞いたら「少しはそんな性格です。適当にやるのは嫌です」と答えた。

「ホン・チョンギ」に続いて「One the Woman」、2022年に韓国で公開される「社内お見合い」まで、彼はSBSだけで三つの作品に連続出演することになった。

このことについてソン・ウォンソクは「全部SBSですね。休まず出演できてありがたいです。1年間『ホン・チョンギ』と『One the Woman』の二つの作品で走ってきましたが、反応が良くて嬉しいです。『社内お見合い』も成功しそうな感じです」と明かした。

家族と一緒に暮らしているという彼は、“甥バカ”としても有名だ。実際に彼のSNSは、甥の写真でいっぱいだ。ソン・ウォンソクは「休む時は、甥の送り迎えも僕がします。甥のために引越ししたこともあります。家族と一緒に暮らしていますが、僕が忙しくなるとみんな喜んでくれます。『One the Woman』を撮影する時も、みんな応援してくれました」と語った。

自分の魅力として外貌を選んだ彼は「個性的な顔です。以前は一重が魅力的だと思っていましたが、今は二重になってしまって、魅力が減りました(笑)。元々よく笑うほうなので、好感を持っていただけると思います」と表現した。

最後にソン・ウォンソクは「『One the Woman』は僕にとって、ターニングポイントになった作品です。今後も頑張って準備し、もっと良い演技で挨拶するので、多くの応援をお願いします」と今後の活動についても前向きな姿勢を見せた。

記者 : オ・ユンジュ