キム・テフン、Netflixの新ドラマ「クイーンメーカー」に出演決定…キム・ヒエ&ムン・ソリと共演

OSEN |

写真=L'Julyエンターテインメント
俳優のキム・テフンがNetflix新ドラマ「クイーンメーカー」でマ・ジュンソク役を演じる。

同作は、イメージメイキングの鬼才であり大企業の戦略企画室を自由に動かしてきたファン・ドヒ(キム・ヒエ)が、正義のサイと呼ばれて雑草のように生きてきた人権弁護士のオ・スンスク(ムン・ソリ)をソウル市長にするために、選挙戦に飛び込んで繰り広げる物語を描いた新しいNetflixのオリジナルシリーズだ。

劇中、キム・テフンが演じるマ・ジュンソクは、オ・スンスクと共にソウル市長に出馬する候補の政党の政策局長だ。

キム・テフンは、最近「釜山(プサン)国際映画祭」で2冠を獲得した主演映画「良い人」で優れた演技力を披露し、メディアと評論家から好評を博した。

現在は、チョ・ジェユンとW主演を務めた映画「JACKPOT」の公開を控えている。彼は過去に映画「Usu」「ミッション・ポッシブル」「サムジンカンパニー1995」「私が死んだ日」「良い人」「69歳」「マルモイ ことばあつめ」「ペルソナ」「ザ・ペンション」「レッスル!」「ガラスの庭園」「春の夢」「トリック」「雪行 雪道を歩く」「南へ走れ」「アジョシ」「 パラレルライフ」などに出演し、様々なキャラクターを演じた。

この他にもドラマ「ナビレラ」「キングダム2」「外出」「(知っていることはあまりないけれど)家族です」「シークレット・ブティック」「私の愛、あなたの秘密」「番人」「ファンタスティック」「もう一度ハッピーエンディング」「身分を隠せ」「愛するウンドン」「悪いやつら」「秘密の扉」に出演し、優れた演技を披露した。

キム・テフン、キム・ヒエ、ムン・ソリなどベテラン俳優たちの共演で期待が高まっている「クイーンメーカー」はNetflixを通じて全世界に配信される予定だ。

記者 : チェ・ナヨン