WEi キム・ヨハン&チョ・イヒョンら出演、新ドラマ「学校2021」視聴率2.8%で放送スタート

Newsen |

写真=KBS
「学校2021」が2%台の視聴率でスタートした。

視聴率調査会社ニールセン・コリアによると、24日に韓国で放送されたKBS 2TV水木ドラマ「学校2021」第1話は、全国世帯基準視聴率2.8%を記録した。

前作「ダリとカムジャタン」の第1話が4.4%で放送開始し、最終話が5.7%を記録したことに比べると、低調な視聴率でスタートすることになった。

「学校」の8番目シリーズとなる「学校2021」は、入試競争ではなく違う道を選択した子どもたち、曖昧な境界に置かれた18歳の若者たちの夢と友情とトキメキの成長過程を描く。主人公の交代や制作をめぐる紛争など、議論の中で制作され、懸念もあった。

JTBC水木ドラマ「あなたに似た人」第13話は、全国有料放送世帯基準視聴率2.666%となった。

記者 : イ・ミンジ