VIXX エン、新ドラマ「Bad and Crazy」スチールカットを公開“除隊して一生懸命伸ばした髪を切った”

Newsen |

写真=tvN
VIXXのエンが「Bad and Crazy」で末っ子巡査官としてお茶の間を訪れる。

韓国で12月17日に放送がスタートするtvN新金土ドラマ「Bad and Crazy」(演出:ユ・ソンドン、脚本:キム・セボム、制作:STUDIO DRAGON、ミンクエンターテインメント)は、有能だが悪い奴のスヨルが正義感溢れる変わった奴のKに出会って、人間的な成長を遂げるヒーロードラマだ。イ・ドンウク、ウィ・ハジュン、ハン・ジウン、エンなど抜群の存在感を誇る俳優たちと、OCNドラマ「悪霊狩猟団:カウンターズ」の制作陣が出会い、今まで見たことのない愉快で華やかなヒーローの物語を披露する。

エンは劇中で「この世にこのような人がいるのだろうか」と思うほど優しくて正義感が強く、使命感を持った原則主義のソヒャン交番の巡査オ・ギョンテ役を演じる。オ・ギョンテにとって「警察」という存在は、すぐさま駆けつけて問題を解決してくれるスーパーマンのような存在だ。そうして自身の夢で憧れの対象だった警察官になったオ・ギョンテは、腐敗した権力に命乞いをする代わりに正義に命をかけようとする。

巡査オ・ギョンテになったエンの姿が写ったキャラクタースチールが初めて公開された。公開されたスチールカットで彼は、警察官の制服を着て、正義感に満ち溢れた新人巡査の雰囲気を演出している。胸をときめかせる笑顔と温かい眼差し、きれいな制服姿が目を引く。

また、別のスチールカットで彼は誰かを注意深く見守っている様子が収められており、好奇心をくすぐる。情に厚く、人の小さな苦悩にも耳を傾ける真面目なオ巡査らしい姿だ。その中、彼が行方不明になった母親を探してほしいという子どもの頼みで事件を追うことになり、予想外の出来事に出くわすことになる。エンがより一層成熟した表現力で演じるオ巡査に期待が高まっている。

新入巡査のオ・ギョンテを表現するため、いつにも増して没頭しているというエンは「劇中でオ・ギョンテはソヒャン交番の末っ子巡査で、とても純粋で優しいが、事件においては強烈な目を見せる人です」とキャラクターを説明した。また「除隊して、髪を一生懸命に伸ばしていましたが、オ・ギョンテに似合うビジュアルになるため、髪を切ってみました」と役作りのため準備したことについて明かし、エンが念入りに作り上げた巡査オ・ギョンテの姿への期待を高めた。

「Bad and Crazy」は、韓国で12月17日午後10時40分に放送スタートする。

記者 : ペ・ヒョジュ