ITZY リュジン、ソロで驚きの記録…単独パフォーマンス映像が3日で再生回数500万回を突破!

MYDAILY |

写真=JYPエンターテインメント
ITZYのリュジンの単独パフォーマンス映像が再生回数500万回を突破した。

今月20日、MnetデジタルスタジオのM2が「STUDIO CHOOM」チャンネルを通じて公開した「Artist Of The Month」の11月の主人公であるリュジンの単独パフォーマンスの映像が23日午前基準、YouTubeで再生回数500万回を突破した。これに先立って、21日付けのYouTubeトレンディング・ワールドワイドチャートで1位を記録し、公開からわずか3日にして再生回数500万回を達成するなど、韓国国内外のK-POPファンから熱い関心を集めている。

リュジンはビリー・アイリッシュ(Billie Eilish)の「Therefore I am」に合わせて“K-POPの代表パフォーマー”らしい才能をアピール。オールブラックのスタイリングに紫色のリップを合わせ、登場から視線を釘付けにした。様々な動きと強弱の調節が際立つパフォーマンスで、シニカルな魅力を披露。特に、刻々と変わる表情の演技とサングラスを活用したダンスが見る人を感嘆させた。

13日に公開された「『Artist Of The Month』ITZY RYUJIN Spotlight」の映像で、彼女は「5人で息を合わせるステージをしてきたので、自分だけの雰囲気を出すということが少しぎこちなかったです。しかし、メンバーたち(イェジ、チェリョン)も上手くできていたので、最善を尽くしたいと思います」と感想を伝えた。選曲については「とてもシニカルな感じの曲ですが、独特な感覚を上手く表現できると思い、『この曲にしよう』と思いました」とビハインドストーリーを紹介。また「ダンスは、感情表現が苦手な私が何かを自由に表現できる方法の1つでした。そういう意味で、私にとってダンスはある意味、解放感を感じさせてくれます」とダンスに対する信念を明かして、注目を集めた。

映像が公開された後、ファンたちは「丈夫さと柔らかさが同時に感じられるパフォーマンスなので、より記憶に残る」「ダンスと同じくらい、表情の演技も本当に強烈だった」と称賛を惜しまなかった。「Artist Of The Month」は、K-POPアーティストの特別なパフォーマンスからダンスに関する率直な話までが聞けるコンテンツで、リュジンのパフォーマンス準備過程を収めたドキュメンタリー映像は今月25日に公開される。

リュジンが所属するITZYは、新記録を更新して世界的な人気を博している。9月24日に発売された1stフルアルバム「CRAZY IN LOVE」のタイトル曲「LOCO」のミュージックビデオは今月20日午後、YouTubeの再生回数1億回を突破。これで彼女たちはデビュー曲「DALLA DALLA」から「ICY」「WANNABE」「Not Shy」「In the morning」「LOCO」まで、再生回数が1億回を超えるミュージックビデオは計6本となり、“K-POP第4世代のガールズグループ”の最大記録を更新した。

このような好成績に支えられ、12月22日には日本でベストアルバム「IT'z ITZY」を発売し、正式デビューを果たす。今月12日には、テレビ朝日系「ミュージックステーション」に初出演、今月1日に先行公開した「WANNABE-Japanese ver.-」のステージを披露し、視聴者を魅了した。また、今月25日に日本テレビ系「スッキリ」に出演し、スペシャルパフォーマンスを披露する予定だ。

・ITZY、タイトル曲「LOCO」MVがYouTube再生回数1億回を突破…6作連続ヒット!

・ITZY&TOMORROW X TOGETHER「Mステ」出演に反響!なにわ男子や本田仁美とのトークも話題に



記者 : パク・ユンジン