「御史とジョイ」2PM テギョン、対立しているイ・ジェギュンを処罰するため…キム・へユンと協力

TVREPORT |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=tvN「御史とジョイ」画面キャプチャー
キム・へユンを通じて帳面を渡してもらった2PMのテギョンが、その裏を探った。

22日に韓国で放送されたtvN「御史とジョイ」では、ラ・イアン(2PMのテギョン)とキム・ジョイ(キム・へユン)の協力が描かれた。

パク・テソ(イ・ジェギュン)との対立中、馬牌を見せて暗行御史の正体を明かしたラ・イアンは、彼とチャ・マルジョン(チョン・スンウォン)を略人略賣人條に従って処罰しようとした。

パク・テソは疑惑を否定し、「なら、僕が御史だと明かしたにもかかわらず、僕を攻撃した罪はどう説明するんだ」というラ・イアンの追及には、チャ・マルジョンが「御史と詐称する奴が多いので、馬牌を見るまでは信じることができませんでした」と釈明した。

彼らは元御史を殺害し、その罪を隠蔽しようとしたことに対しても「冗談だった」と一蹴し、「殺人の罪を問うためにはそれを証明する証拠を持ってきなさい」余裕を見せた。

するとラ・イアンは「君の言っていることは正しい」と快く認めながらも、最後まで実情を暴いた後に処罰に対する根拠を探すとし、義禁府(大罪人の取り調べを行う官庁)への押送を命令した。

これを聞いたパク・スン(チョン・ボソク)はパク・テソの義禁府押送を防ぐために、適子パク・ドス(チェ・テファン)を呼び出した。「テソを消すべきか? 消してしまえば良いのでは?」というパク・ドスの残忍な質問には。「あいつはまだやるべきことが多い。君の手に血を塗りたくなければ、生かしておきなさい」と引き引き止めた。

ところがパク・ドスが手をつくす前に、パク・テソとチャ・マルジョンは自力で脱出に成功した。遅れて現れたパク・ドスは「こんにちは。僕が一足遅れたようだね。御史に出頭すると聞いた父が僕を向かわせたんだ」と言い、パク・テソは「父が?」と驚いた。

続いてパク・テソがチャ・マルジョンに命令したのは、ラ・イアンの弱点であるキム・ジョイを生きて逮捕させなさいようにすることだった。親友のファン・ボリが残した本が帳面だということを知ってラ・イアンに会おうとしたキム・ジョイは、自身の前に立ちはだかるチャ・マルジョンの登場に驚愕した。幸いキム・ジョイはラ・イアンと御史団のおかげで危機を免れた。

キム・ジョイのアドバイス通り、チャ・マルジョンの部下を生きたまま逮捕した彼を通じて、チャ・マルジョンとパク・テソの深い癒着関係はもちろん、2人の今後の行き先まで詳しく聞いた。政府の軍隊さえ使い物にならないというグァンスンの助言にも、ラ・イアンは「時間がない。脱走したパク・テソとチャ・マルジョンたちが証拠を消す前に捕まえなければならない」と、強い意志を見せた。

ラ・イアンはキム・ジョイから帳面を受け取ったが、すでに半分ほど火に燃えてしまっていた。「帳面さえ持っていればすぐに終わることができたのに……。どうしてその時に言ってくれなかったのか」というラ・イアンの指摘に、キム・ジョイは「初対面の男性にそのことを話すのが当たり前なんですか?」と口を尖らした。

帳面には、税穀横領に関わった人たちのリストが書かれていた。後半にはナムサダン(芸人集団)に紛れてパク・テソを捕らえようとするラ・イアンとキム・ジョイの姿が描かれ、一層興味深い展開を予告した。

記者 : イ・ヘミ